記事一覧

No.3559 久しぶりの権現堂桜堤で

2022.04.08

 羽生からの来客を案内して権現堂桜堤から第一公園まで出かけてきました。土日の雨にもめげず麗しい花模様を見せる桜にうっとりさせられ、少しの癒しを貰った感じです。
 ファイル 1481-1.jpgファイル 1481-2.jpg前週聞いていたほどの人出もなく、ゆったりのんびりの桜見物でした。多くの人がカメラを携えて、それぞれのフォーカスでシャッターを切っていましたが、サクラロードの一本の木に人がたむろしているので近寄ったところ、3枚目の写真の通りで、海ではサメ、陸ではこの生物に恐る恐るの興味を惹かれる人が多いことがわかります。ビデオを撮り続けていた人もいましたから。
ファイル 1481-3.jpg しかし、冬眠から覚めたばかりなのか、ゆったりホフク前進する姿に思わず20センチほどにスマホを近づけてしまいました。
 そういえば、昨年の真夏のことでしたが、我が家の庭に黒い色をした小さな子ども蛇を見つけた時の家内の驚きようを思い出しました。

 この後、第一公園に行き行幸湖側道を建設中の第2公園の方向に歩き、ちょうど湖の中間地点を横切る船渡橋を五霞方面に歩き、そこから振り向き行幸湖西岸を望む光景にうっとり。
 およそ2キロ前後はあると思われる桜並木は第4公園の桜堤とは別の感慨を与えてくれます。なぜ茨城県側の東岸の同じ距離に桜を植えないのかなと感じます。想像するだけで壮観な光景になるだろうに。
 同行の来客も幸手の桜スケールはなかなか他にはありませんねと感嘆していました。ふむふむ、さもありなんといったところですね。これで、10月には第2公園がオープンする予定ですから県営権現堂公園が素晴らしく市民公園としてさらに進展することは間違いありません。

No.3558 子どもに見せられない光景

2022.04.07

 日に日にウクライナ各地の無残な光景が画面に示される。戦争犯罪かどうかを問うどころではない。これが戦争犯罪でなかったら侵略兵器のみならず暴行強姦の後に命を奪われたウクライナ国民は浮かばれない。
 移動式火葬車などという耳にしたことのないワードに気持ちが暗くなる。ロシアが証拠隠しのために繰り出した特殊車両だというが、そういったものが造られていることが信じられない。戦争を仕掛ける思考があるからこそ発想し得る創造物だ。死した市民の姿にはボカシを入れているものの、黒いビニールに包まれた遺体を運ぶ姿は、子どもに見せるのをためらう侵略戦争の醜悪さである。先月春休みで来ていた孫は「こういうの何度も見たくない!」と画面を換えたものだ。
 G7外相会議で更なる制裁が打ち出されるなど、西側の結束をバイデン大統領は訴えたようだが、最終的に、クリミアを含めてウクライナに正常な状態が戻り、プーチンにとってウクライナ侵攻が全面的に失敗だったとなるかどうかに関心が及ぶが、その前に戦争終結が望まれるところである。 
 ロシアはフェイク捏造の主張を高める情報戦も展開しており、嘘を嘘だと証明する難しさは「嘘も100回言えば本当になる」という、格言になって貰いたくないような実態を深めている。特に自国の国民向けに欠かせないのだろうが、こうした不謹慎さは中国と変わらない。それは共にアメリカに対する敵意むき出しで、アメリカのみをウクライナ侵攻の原因であり、最大の敵対国として浮彫にしたいかのようだ。ロシアへの制裁をバイデン大統領が舵取りをしていることも憎悪増幅につながっているのだろうか。

 ところで、林外相が「日本に有事が発生したときには、アメリカが対応してくれる」といったことを発言しているが、こんな発言を聞いたアメリカはどう思うだろうか! 他力本願の国防発言を聞いたアメリカは、政治家だけでなく国民全体が日本の甘さに憤怒するはずである。まさに、ふざけるな!の話である。自ら防衛力を高める姿勢を示さない国を助けてくれると思っているのだろうか。今回のウクライナを見ればわかる通り、第三次世界大戦を引き起こさないために武器は供与するが自らは手を出さないという理屈は現時点で明らかにされている。中国やロシアが、まして北と南から同時侵攻し、そこに北朝鮮が参戦してこようものなら・・・考えたくはないシナリオだが、絶対に無いとは言い切れない悪夢をついつい想像させる現実をウクライナで目の当たりにしている。日本を敵視している大国が日本海の向こうにあるという地勢状況はウクライナ以上に深刻な問題ではないか! 悪夢が現実になれば、子どもに見せられない光景どころではない!子どもが次々と犠牲になっていく可能性がたかいのだ。
 比較するのが適切かどうかは別にして、新年度国家予算は男女共同参画費に9兆円、防衛費は4兆5億円程度で約半分である。国を守るために防衛費を増やすべきという声は、既に6割に達している。岸田総理の制裁発言は威勢がよく聞こえるが、具体的に自国防衛にはほとんど言及していない。もどかしい限りだ。

No.3557 あさま山荘事件50年で想うこと

2022.04.06

 ロシアによるウクライナ侵攻は、各地で人の命を命と思わない残忍な暴行殺戮が行われていた。ブチャ市内の惨状は見るに忍び難い。マリウポリでは5,000人の市民が殺されたという。独立した隣国に無秩序にミサイルを打ち、街の歴史も文化も破壊し続けるロシアは、過去の歴史に見られる残虐行為を民間人に対して行っていたのだ。独裁者の猜疑心による領土拡張には常にこうした結果が伴う。

 今から50年前の1972年2月のこと。自分は卒業を控えた22歳になろうとしていた時だった。軽井沢山中のアジトで同士14人を総括という名目で殺害し、山中に埋めた連合赤軍事件が発生した。殺害方法は文字にするのをはばかれるほど残虐無比なものだった。男女関係を問われて処刑の対象になった者もいた。
 当時、警察隊との攻防を流すテレビ画面に釘付けになったことは今でも鮮明な記憶として残っている。警察隊に銃砲を打つ赤軍派に対して、彼らが根城にする山荘にクレーンでつるされた巨大な鉄球が何度もぶつけられる様子はこの世のものとは思えなかったし、22歳の身が受けた刺激としては最大級のものだった。
 連合赤軍とは、日本共産党の分派であった共産同赤軍派と日本共産党神奈川県委員会が合体した組織で、この記憶に残る事件を起こす数年前から革命活動費を捻出するため金融機関を襲うなどしていた。
 そもそも、1932年の秋以降、国際共産党コミンテルンによる武装闘争指示による結果として、日本共産党は査問と称するリンチを都内のアジトで実行していた。同年、小畑達夫中央委員が死に、その後も不破哲三元委員長など若い時にひどいリンチを受けていた。彼はそれを耐えしのび書記局長から委員長へとのし上がっていく。

 
 今のロシアに言えることは、革命という大義を標ぼうする共産主義の原点である独裁指導者がすべての権力を掌握し、それ以外は絶対服従というスタイルそのもので、これはレーニンによるロシア革命に端を発するものである。正に時代錯誤も甚だしい古い人権無視の手法と言える。
 数人の処刑に関わり20年の判決を受けた元連合赤軍の一人が、事件50年にあたって「赤軍派が起こした事件は大きな過ちであった」と述懐している。テレビを見ていた側からすれば、間違いどころの話ではない。狂気の沙汰としか感じられなかった。左派思想にのめり込んだ若者たちの最後のあがきでもあったのかもしれない。しかし、その運動は深く静かに潜行し枝野幸男前立憲民主党代表なども影響を受けているのだ。
 今の時代、大衆運動や革命といったリンチ虐殺は遠い昔の話だと思っていたが、実際には1960年代の中国文化大革命、1989年の天安門事件はもとより、カンボジアでポルポトが起こした大虐殺では200万人近い命が奪われている。この時のポルポトは同国共産党中央委員会書記長という肩書だった。
 別の観点では、第二次大戦終了後に突然侵攻したソ連によって60万人の日本人がシベリアでの抑留を余儀なくされ、6万人ほどが厳しい捕虜生活の中で亡くなっている。既にお亡くなりになっているが、香日向でもその体験者で懇意にさせていただいた方がいた。南京虫やシラミで寝るのにも不自由したとおっしゃていたものだ。サハリンに送還されたウクライナ人は今どうしているのだろうか。
 こうした過去の歴史を彷彿とさせるプーチンロシアの蛮行は、この先いつまで続くことになるのだろうか。

No.3556 身近な数値情報

2022.04.04

アイコン

 満開になると雨に見舞われる桜。毎年繰り返されるこの天候サイクルは、今年は花真っ盛りの日曜日を選んでくれました。風神雷神様ももう少し優しく、私たちと一緒に桜を愛でてくれればいいのですがね。

 さて、我が街に関する数値情報を二つお届けします。
■コロナワクチン接種状況(3月25日時点)

ファイル 1478-3.jpg
 この表から見る限り、幸手市の接種率は埼玉県や国の数値を上回っています。そのせいかと感じることですが、同じ増加傾向でも他の街の方が高い傾向にあるようです。
 1回目、2回目の率に早く近づくよう順調に予約及び接種が進めばと思います。集団接種会場が若干混雑するといったことは、私自身が体験していますが、昨日のような雨天の際は、いったいどのようなことになっているのか気になるところです。
 ともあれ、幸手市でもまだまだ感染者数は増加していますし、全国的にも感染者が高止まりしている傾向があり、第7波が心配される状況です。4回目接種がアメリカなどでも進められるようですが、ひとまず3回目が早期に行き渡ることが必要です。子どもの感染率も憂慮されるところですので、自己防衛にゆるみのないようにしなければなりません。とは言え、経済の観点からは「お控えあれ!」ばかりでも問題です。細かいことはともかく、国民一人一人の理性によるといった感じですが、そこは日本の世界に冠たる面が生かされていると感じています。

■東部消防組合西救急ステーションの出動数
ファイル 1478-4.jpg 
 幸手消防西分署が西救急ステーションとして編成機能を変えたのは、昨年4月1日のことでした。その後の救急出動件数を東部消防組合総務課で確認したとろ、4月から12月までの9ヵ月間の件数が別表に示される数値です。
 また、組合域全体の救急出動は20,339件で、昨年の19,621件より多くなっています。そのうち、域外(管外)出動が104件あり、必ずしも組合域内に限らず互いに行政連携していることがわかります。
 ただ、20,339回の出動で実際に搬送したのが18,461件だったということで、これは例年同様の比率となっています。救急を求める判断・タイミングの個人差によるものと理解できます。
 ちなみに、組合域内の昨年12か月間の火災発生件数は143、前年が142でした。幸手市内の火災件数は13件、昨年は14件という状況です。

No.3555 ロシアの影で中国の狡猾な動向

2022.04.01

 ロシアのウクライナ侵攻は先が見えない様相となってきた。いずれにしても共産主義思想に基づく全体主義国家の独裁指導者が選択する道は、自ら停戦という事にはならないものと思われる。また、それが大方の予想でもある。
 ウクライナをナチ化と称し、聴衆に大嘘を吐くプーチンは、既に国家元首として世界に通用する人格には程遠いという評価しかない。ロシアの侵攻が終わりを迎えた段階で間違いなく戦争犯罪人として裁かれることになるだろう。と考えれば、なりふり構わないプーチンに益々変貌する可能性も高い。そういう意味では、帝政ロシアの復活を意図しているとも言われるプーチンだが、皇帝プーチンへの選択は彼自身の破滅への道にならないとも限らない。
 あくまでも強権政治の元、言論弾圧、思想報道統制、果ては自分の為の法改正といった習近平が歩む道を模倣することになるであろう。そうなる方向に自らが舵を切ってしまった感すらある。中国が民族弾圧による民族絶滅すら思考していると言われるが、そこはプーチンに通じることかどうかはっきりとしたことはわからない。ともかく、中国とは異なる複雑な欧州事情がありそうだ。

 さて、その中国だがソロモン諸島と軍事同盟を締結する可能性が高いとされる。ロシアに世界の目が注がれている間に狡猾な軍拡路線を実行しているのだ。この同盟は既に現実のものになっているともいう。その内容は、ソロモン諸島に軍事的脅威が及んだ場合、ソロモンは中国に軍隊派遣の要請が出来ることが中心になっているようだ。その為に諸島のどこぞに軍事拠点を建設するであろうことは容易に想像できる。はてさて、中国以外にどの国が平和を損ねる軍事侵攻をすると想定しているのだろうか。ミクロネシア連邦のトップは、このソロモンの意向を馬鹿げた考え方として思いとどまるようにとアドバイスしているそうだが、ソロモンが耳を貸さないという。
 オーストラリアの東北数百キロの太平洋上に位置するソロモン諸島を、繰り返しになるが、どこの国が軍事侵攻すると言うのだろうか。南米にも中国マネーが押し寄せる流れは、中国の太平洋進出計画が着実に歩を進め、太平洋そのものが米中分断の真っただ中に置かれることになるのだろうか。であれば、南シナ海で仕掛ける中国優位のシーレーン構想がまた一つ具体化することになると考えるべきかもしれない。
 どう考えても、ソロモン諸島は中国マネーに目がくらんだとしか考えられない。下司な考え方をすれば、こうした途上小国相手ではそのトップに対して直接マネーパワーが及んでいる可能性もあるのではないかと思えてならない。習近平は国内の汚職絶滅に力を入れているというが、外交的には有り得る中国的外交作法かもしれない。
 プーチンしかり、習近平といった大国を牽引する権力者に待っているのは、自国内で権威を誇っても、全世界から尊敬を集めることができなければいずれ瓦解する局面にぶつかるということかもしれない。
 反面、自由主義国家群に言えることは、資本主義に対する批判や異論が高まりつつあることだ。自由主義と資本主義の分かれ道が問われれば問われるほど、コミンテルンがゾンビのように復活することも・・・いや、そうは考えたくはないのだが。日本にはマスコミを中心にそうした思想煽動があることは間違いない。

No.3554 ニトリ造成計画発表!

2022.03.30

アイコン

 ニトリ幸手物流センターの建設工事予定が正式に発表されました。
 まさに飛ぶ鳥を落とす勢い?のニトリは、昨年に石狩、神戸のDC建設を発表し、今回は名古屋と幸手の二ヵ所についての進出を発表したことになります。
 ライフスタイルやニーズの変化に合わせて需要拡大戦略を図るニトリは、物流機能の最適化を主要計画として進めています。議会で質問を続けてきた内容がようやく具体化しました。さらに、私が議会でも発言を続けている屋上への太陽光発電設置も環境負荷低減措置として実施する計画がなされています。

幸手物流センター規模
■構造・・・S構造、一分RC構造、耐震4階建
■敷地面積・・・106,433㎡ (3万2196坪)
■延床面積・・・210,403㎡ (6万3647坪)
■着工予定・・・2022年9月1日
■俊工予定・・・2024年3月1日

ファイル 1476-1.jpg この幸手DCの規模は、同時発表の名古屋が敷地2万1394坪、延床が4万2787坪ですから、これと比較してかなりの大きさになっていることがわかります。白岡DCとの連携等を考慮した首都圏域での物流機能の充実化を意図していることは明らかです。幸手産業団地最大の土地利用となるこのニトリDCの計画発表は、幸手市における税貢献や雇用促進といった面及び人口減少抑止という観点からも大いに期待高まるといった感じです。
 ニトリが発表した完成予想図からその規模がしのばれます。

ページ移動