記事一覧

No.3190 台風19号の猛威に

2019.10.12

 情報化時代をこれほど感じることはありません。超大型台風19号に対する数日前からのメディアを通じた情報は、リスク管理という点において国民をしっかり誘導しているようです。パニックまでにはいかないものの、水やパン、缶詰、ガスボンベ、ブルーシート、養生テープといったものが店頭から消えているとか。
ファイル 1101-1.jpg 我が家でも写真の通りの対応はしたところです。養生テープが足りず、1階はビニールテープまで使うことに。考えてみれば、このような対応は生まれて初めてで、それほど大雨と強風への脅威は、案ずる以上に自助の精神を高めることにつながっています。しかしながら、屋根の暴風対策などしたくてもしようがないし、また、隣家の吹き飛ばされた瓦が当たって壁に穴が空くなどといった災害では防ぎようがありません。
 しかしながら、多くの人々にとって直前の千葉県の被害状況が明日は我が身意識を高めていることは間違いないのでしょう。だからこそ、とりあえず最低限できることはしておこうという気持ちになるのです。
 しかし、自分のことはまだしも、現状でさらに大型台風に見舞われそうな千葉県の状況が心配されてなりません。すでに大きなハンデを負った状態のところに追い打ちをかける状況は、ご本人たちの緊迫感は私たちの比ではないはずです。気が気ではないし、眠れない日が続くものとお察しする次第です。
 
 昨夜、市内農村部の知人から電話が・・・
「枝さーん、避難勧告が出たら何処へ行けばいいのー? ビニールハウスは今更心配しても始まらないけど、避難場所すら我々は知らないんで、それだけでも教えてよ」
「○○さん、市内すべての小中学校が避難場所になっているから、勧告が出たら○○小へ行くようにして! ただ、避難途中の事故も考慮して、何人かでまとまって行くようにしてほしいのと、幸手市ハザードマップは確認しておいてくださいよ」
 こんなやりとりでしたが、危機管理意識が高い市民に少し気持ちがほっとした次第です。しかし、農家の方々にとってビニールハウスというのはリスクの高い財産なんだということを、この電話で再認識しました。数年前の大雪で県西北部の農家でビニールハウスがほぼ全滅したこともありましたし、熊谷ドームの屋根が吹き飛び、修理にかなりの期間と費用を要したこともありました。
 
 また、この電話によって、市内の避難所について9月議会で一般質問した議員さんがいたことを思い出しました。こうした場合、いかなるやり取りがあったか記憶に定かではありませんが、市側の答弁にホームページで示してあるといったことが時折あるので、ホームページは完ぺき情報ツールではないということを市職員の皆さんには自覚してもらいたいと思います。
 情報化時代とは言っても、まだまだその域にない方々のことをおもんぱかる必要があります。特に、防災対策の面にはそうした思いを強くしなければいけません。避難困難者の多くは迅速な情報ツールを持たないわけですから。
 今夕からの水風対策、今一度確認していただいて、風が強くなったら外出はしないよう心掛けましょう。

No.3171 なぜ、こんな卑屈な気遣いを!

2019.08.29

 嫌な事ばかりが浮き彫りになる暗い世相にあって、日本のスポーツが国民に与えてくれる爽快感は大きな癒しとなっている。卓球、バトミントン、柔道、バスケットボールなどなど、伝統的なものから、以前は考えられなかった競技に至るまでの活躍は、組織的な強化充実策と個人の努力が相まって、めざましいものがある。
 そんな中、人気面で最高峰とも言える野球で、絶対にやってほしくないことを選手に強いる出来事があった。韓国で開催されるU-18ワールドカップ野球に出場する日本の選手団に関すること。
 出発にあたってお揃いの白いポロシャツを着用するのは毎回の慣わしなのだが、いつもならあるはずの袖に日の丸、胸にJAPANのロゴ文字が抜けているのだ。高野連の事務局長曰く「現状のお国の状況を考えると、この程度の気遣いは必要だと判断した」というのだが、これには腹が立つというか憤りを禁じ得ない。優しさ、思いやり、気遣いといった類は、こんなことを高校生に強いることではない。国家の代表として派遣される高校生に代表の肩書をはずさせた行為は、スポーツにあるまじきいじけた卑屈な判断であると厳しく指摘をしておきたい。選手のみならず国民に対して失礼であり、国家間交渉における政府の対応を国際的に曲がった方向にイメージづけるだけである。
 貿易相手国として信頼度最下位の北朝鮮へのルール違反輸出の可能性からホワイト国除外の発表したのが今月1日だったかと思う。その発動が昨日実行された。それに対する反日感情からの対抗策としてGSOMIA解除という愚行に及んだ韓国。貿易問題を第三国も関係する安全保障問題に持ち込んでしまうほど思慮の無さを示す韓国に対して・・・スポーツの分野で、高校生がお国の代表を背負って躍動する世界大会に向けて、団結して乗り込むユニホームに代表表記をはずすなどというのは、それこそ愚行中の愚行としか感じられない。
 開催国の韓国高野連から指摘をうけたのであれば、どこまで韓国はと感じるし、自主的な対応であるなら、高野連に在日韓国の役員がいるのだろうかとの疑念まで生みかねない。
 試合で着用するユニホームにも日の丸と国名表記をしないのだろうか?
 いや、そんなことはしてはならないし、しないはずだ。そんなことをすれば、なにより選手の意気込みや団結力に支障をきたすだけだ。そして、相手の感情を利するだけのことである。ならば、行き返りのユニホームをどうして? 意味がないではないか!! 空港で選手たちが襲われるとでも想定したのだろうか? それはまた韓国国民の粗暴性を意味することとして失礼なことになる。
 そもそも、ワールドカップサッカーで政治的恣意行為を幾度も繰り返し、世界的物議をもたらしている韓国。対日的には、国旗や安倍首相の写真を燃やしたり、不買運動を国民に煽る状況。これに対し静かな対応に終始する日本だが、いずれ国際的に異質異常な国家イメージを持たれるのは韓国だろうと想定しているかのようだ。ところが・・・今回の高野連の措置はそれに逆行するバカも休み休みにしてほしいといったレベルではないか。純粋な代表意識で試合に臨む選手たちが可哀想というものである!!! 世界大会で、どこに国旗を遠慮する国が有ろうというのか。
古くて硬い頭のおじさんたちに屈せず、堂々とJAPAN魂を示し、優勝の栄誉を勝ちとり、ユニホームのまま凱旋帰国をしてもらいたいものだ。/span>

No.3143 県中学校総体優勝

2019.07.23

アイコン

 まず、前号に示した杉戸町議選について。落選枠4席で、その4席目をともに700のまま止まった12:30以降、どの陣営も固唾を呑んで発表を待っていた状況に深夜1:55決着がつきました。最後はなんと764、757、745という接戦でした。その差、19票というのも厳しいものを感じますが、このお三方は基本的にこれまで杉戸の保守系を支えてきた同志です。3人の候補者全員とお付き合いさせていただいた小生ですが、それぞれの心境を想うと察するにあまりあります。

 タイトルは幸手市にとって嬉しい、まさに超新星現る!ニュースです。
 昨日、行われた埼玉県中学校総合体育大会の110mハードルで幸手東中学校の横塚昴くんが14秒42の自己ベストタイムで見事優勝の栄冠を勝ち取ったのです。最高の場面で自己ベストが出せることが素晴らしい!!
 幸手市には中学校が幸手中、西中、東中の3校あります。生徒数は順に447、501、108名となっており、東中は市東部の広域通学区を持つものの最も生徒数の少ない学校です。ゆえに、団体スポーツのクラブを組むにも想うに任せない状況とうかがっていますが、こうして個人競技の分野で素晴らしい逸材が現れたことは学校のみならず街の誇りであり心躍るといった感じではありませんか。
 当然、全国大会での活躍に期待の目が注がれますが、気負わずに更なる自己ベストを目指して頑張ってもらいたいものです。さすれば、自ずと朗報がもたらされるものと確信します。
 ちなみに、14秒47で2着になったのはお隣の栗橋東中の西山くんなので、互いにライバル意識を胸に刻んで、切磋琢磨してほしいと思います。

 スポーツ万歳!

No.3061 やはり巨人が本丸だったか!

2018.12.01

 いよいよ本年も師走に入った。年齢が重なるにつれてカレンダー進行以上に時のスピードが速まるきらいがある。子ども頃の夏休みはえらく長い感じだったが、古希にも近い歳になると1ヵ月など瞬く間に過ぎ去る。さて、この師走はいったいどんな記憶に残ることがあるだろうか。

 昨日、長いお付き合いをさせていただいている近くのスポーツ好きの知人とお定まりのスポーツ談義にこうじた。憤りを感じる出来事が今年のスポーツ界には多かったが、話の最後に「●●さん、丸は巨人ではなくロッテに行ってほしいですね」と私。「そうですよね、私はロッテに行くと思いますよ」と、こんな会話で締めくくったのだが・・・なんのことはない。丸よ、お前もかの結果になった。
 私は「巨人・柏戸・卵焼き」で育った子どもだったが、なぜか巨人はチームというよりは長島選手ありきのファン気質だったので、巨人ファンではあるものの球界の盟主をいいことにやりたい放題、言いたい放題の親会社の姿勢には苦虫をかみつぶすことが多かったし、今でも多い。とくに、江川事件では一ファンとしてお灸をすえる意味で掛布阪神に気持が傾いた時期が数年あった。
 巨人は常勝巨人でなければいけないとか、プロ野球は巨人でもっているがごとく言われ続けて数十年。これはプロ野球発祥時から変わりはない。しかし、本来のプロスポーツは常に下剋上を見ることにファンは魅せられ、熱い視線を送るはずなのだ。名門必ずしも常勝でなければいけないというものではない。
 そもそも、ドラフトはチーム力の均衡を図るために制度化されたが、それはとりもなおさず自由競争では巨人を希望する者が大方であったことに端を発していた。ならばFA制度は・・・ドラフトの反動で選手の選択権を一定年度経過した後に与えようとするものと理解しているが、だから巨人にという流れがこうも多いと巨人常勝補償制度といった方が早い。少なくとも力の均衡が目的の一つであったはずである。ところがあにはからんや、金銭限度額がないため落合がいい例だが、プロの評価は金額だとして糸目をつけない球団を選択する選手が多く、結果は資金力の違いが如実に出ることとなった。
丸よ、やはり巨人か!
 
 報道されている金額以外に奥様向けの説得条件もあるだろうし、テレビキー局が親会社系列にあるせいか、巨人出身選手には解説者やタレントとして重宝に起用される例は多い。そういう意味では他のどの球団にもない強みが巨人にはある。しかし、肝心の野球で言えば、今は地デジキー局での放映はほとんどBSに代わっているし、逆にパリーグの中継はNHKや他のBS局で頻繁に放映している。同時に4試合も放映している時がけっこうある。
 それはそれとして、巨人というチーム、いや会社は編成計画があるようには感じない。一軍に3人の捕手が固まっているのにドラフトで3人の捕手を指名したり、阿部を復帰させるなどした上に・・・森の活躍でベンチに追いやられることの多かった炭谷をなぜ欲しがるのか。しかも背番号まで期待して与えたばかりの宇佐美から取り上げてふるまう始末。昨年、村田選手の問題を指摘したが、結局は年齢の変わらない中島を獲得した。しかも村田を放出した年の彼の成績を比較するとマギー入団でベンチに追いやられても中島選手よりは確実に貢献度が高かった。そのマギーも2年で退団、4億だか5億でとったゲレーロにいたっては2軍生活から不満たらたら這い上がって代打要員。森福、野上・・・・とにかく獲得と放出のバランスが出鱈目すぎる。若手を育てる継続的気合も見られない。気分に任せてとっかえひっかえだ。岡本一人で満足しているようでは指導力を問われても仕方あるまい。これで小林、大城、宇佐美にくさるなと言っても気持ちはすっきりしないはずだ。
 もう一つ疑問がある。最近の球団経営にはメジャー流の影響かどうか、GM制度を採用している例が多くなっている。その制度の現時点の特徴はというと、本来、入退団や育成の権限まで監督が有していたものを、監督の意向に全面的には沿わない形で口を挟むのがこの制度のようである。大胆かつドライに割り切って選手管理が出来る制度。この秋、楽天イーグルスのGMに就任した元ヤクルトの石井GMは、なんと17人もの選手に戦力外を言い渡した。そして浅村を獲得した。今、楽天の監督が誰か言える人は少ないのではないだろうか。ちなみに平石監督である。GMにチーム編成をいじられるだけいじられて来期の采配をふるうことになる可哀想な監督、と言ったら早すぎるだろうか。高橋由伸監督の退団劇は鹿取GMにいいようにいじられた結果もあっただろう。

 丸選手の入団で優勝に近づいたと喜ぶファンもいるだろが、球界全体を考えたら手放しで喜べることではない。私は、ひとまず静かに巨人の来期を見つめつつ丸選手の活躍には期待したいと思う。しかし、巨人の優勝は望むものではない。どこが優勝しても、盛り上がってくれればいい。巨人が優勝しないと盛り上がらないという考えはプロ野球の真の発展には無用と信じて、より選手一人ひとりのパフォーマンスに視線を注ぎたいと思う。一昨年からオリックスの吉田正尚選手に惹かれていたが今年は4番に定着してくれた。来年はさて・・・

No.3042 消えた由伸スマイル

2018.10.07

 昨今、日々の気候に関して恨めしく感ずる言葉が口をついて出る。10月に入って30度超えどころか34度だなどと聞かされると、その瞬間にどっと疲れが出る。今日は全国的に運動会や地区民祭が開催されることと思うが、熱中症対策が問われる事態である。やれやれと感じるのは誰しもに共通する思いかもしれない。

 さて、巨人の由伸監督が辞任した。当初、オーナーの続投発言もあったが、裏では由伸監督の辞任決意を待っていたという話もある。傷をつけないためということのようだが、巨人の体質はそういったものだろうと思っているから、取り立てて驚くこともなかった。そもそも、巨人大好きとは言え、フロントの運営方針については昔から好感度は低い。
 勝手な推測でしかないが、選手起用を中心とした試合の采配は監督に委ねていたとしても、トレードや外国人選手の獲得など、チーム力の根幹となる方針についてオーナーが相談するのは、香取GMではなかったかと思う。それに対して、監督は自らの考えを主張するだけの権限を与えられていなかったのではないだろうか。一例として、昨年のホームラン王ゲレーロの獲得、不振を原因とする監督との対話不足が話題になったが、由伸監督がゲレーロを欲しがったのではないことがうかがえる。ひょっとすると、村田の放出も監督の方針ではなかった可能性もある。自由契約扱いにしたことも、今思えば・・・である。
 3年間の監督時代、心底からの由伸スマイルは影を潜め続けた。インタビューしかり、ベンチ内での表情も由伸自身が楽しそうに見えないのだから、見る側が野球は楽しいという思いになるわけがない。由伸の選手時代は、プレーはもとより表情一つにしても私たちを高揚させたものだ。徹底した初球打ち、綺麗なほどのレベルスイング、果敢なダイビングキャッチ、そして由伸スマイルは巨人の顔そのものだった。
 選手時代の最後5・6年間は原監督の起用も安定的ではなく、劇的守備がもたらすケガが多かったせいもあり、全盛期に程遠い年月が続いた。得点圏打率の高かった由伸を一番に起用したことも批判の対象になった。これについては、由伸の坂本一番起用も小生は感心しなかった。2000本に247本足りなかったが、ケガが無ければ2500本くらいに積みあがっていただろうし、1000打点にはわずか14足りない結果に終わったことも心残りだったことだろう。選手続行を決めたいたところをフロントの要請で監督に就任した。
 堀内氏に続く優勝経験のない監督になったが、残念ながら、これは2度と監督として招請されない可能性を思わせる結果である。

 ところで、ホームラン王になり損ねた因縁めいた過去を覚えておいでだろうか。2007年のシーズンのこと、由伸は35本打って当時横浜の村田と並んでおり、両者ともにホームラン王と予測されていたが、横浜の最終戦となった広島の佐々岡信二投手の引退試合の9回に村田が36本目のホームランを打って由伸はホームラン王という栄誉を生涯獲得することは出来なかった。人生とはそんなものかもしれない。
 原監督の復活・・・小生は原さんの采配にさほどの期待感はない。なぜなら、どちらかというと広岡、森系統に通じる采配に醍醐味を感じないからである。勝てば官軍なのだが、プロ野球の面白さとは堅実な采配以外にもあると感ずるからである。
 まずは香取GMとの関係が問われる。年齢からいって由伸監督よりはモノ言える立場には違いないが、権限の強弱がもたらす不協和音が生じれば、選手補強でももめることになる。ゲレーロはどうするのだろうかなどなど。
 高橋由伸前巨人監督・・・心身ともに疲弊したことでしょう。3年間の疲れを癒して由伸スマイルを復活させてください。
 

No.3037 2000,1000,10 &130

2018.09.22

アイコン

 昨日もそうだったが、今日も絶好の運動日和の予報となっている。たとえ屋内競技であっても天候の良し悪しは観戦側の気持ちにも影響するから秋晴れは最高のスピリットコンディションと言える。
 昨日は、スポーツでキリの良い数字が並んだ。なかでも、ロッテ福浦選手の2000本安打達成は私も待ちのぞんでいた。掛布さんやヤクルト現監督の小川さんが先輩にいる習志野高校からドラフト下位で入団した選手。ロッテ一筋苦節四半世紀に及ぶ到達。まさに人生コツコツといったところ。今年就任した井口監督が就任時に「福浦選手の記録には全面的に応援する」と発言し、もともと派手さと渋さが同居していた選手時代から好感度の高かった井口監督にさらに注目することとなった。元巨人の村田選手との境遇の違いに複雑な思いが残る。井口監督の起用は、シーズン当初は年齢を意識しての起用だったが、ペナントの行方が見え始めた頃の、残り8本くらいになってからはスタメン起用が目立った。なかなかまとめ打ちがない中、一本づつ大記録に近づくのも福浦選手らしかった。まずはおめでとう!

 次に1000だが、相撲界初となる幕内通算1000勝を成し遂げた横綱白鵬。これも大記録であり、無事是名馬でなければ達成できない記録だ。在籍時にどれほどのライバルがいるかもあるが、勝利への土俵に堅実な力士であることは疑う余地もない。ただ、この横綱には品格が感じられないのが残念である。高安戦の立ち合い不十分が何度かあってのあっけない勝負もそうだったが、昨日の優勝を決めた豪栄道戦も、先に早い立ち合いで待った!となり、次に自ら仕切りを送らせてお返しの待った。横綱とはどういうものかが理解できていないのだろう。寄り切りで土俵を割った相手に対して余分なひと突きで土俵下へ落す行為もいただけない。これで相手が足首でも痛めようものなら何にもならない。力士同士は同僚と言うのがこの世界の在り方のはずである。大鵬や千代の富士にはこうした立ち合いが無く、しっかり相手の突進を受け止め、勝負がついた後は相手への気配りをする部分があった。それが最高位に位置する者の威厳というものだと思う。まだ続く土俵人生だろうが、人として、横綱としての人間精進を心がけてもらいたいものだ。さすれば記録もいっそう光り輝くことであろう。

 さて、10である。全米オープン以来負けなしの10連勝。大坂なおみ選手のプレーぶりは強烈な印象を与えている。一人のアスリートが突然のイメチェンをしたがごとく圧倒的な力を発揮するようになる例は、過去を探ればないわけではないと思うが、大坂選手のそれは並みの内容ではない。プレーにいわゆる切れを感じる。体格も充分のものがあるが、まだ20歳。過去の名選手を思い出すと、エバート、ナブラチロワ、ヒンギス、ビーナスなど全盛時には体格が安定していた。つまり太ることがなかった。ハードスポーツであるテニスはフットワークがなにより求められる。20歳の大坂選手にはまだ大好きな抹茶アイスクリームをいくら食べても太ることはないと思うので、まさしくなおみ時代が到来することも夢ではない。応援し続けたいと感じさせるチャーミングなアスリートである。

 さて、最後に・・・内輪の話で恐縮ですが、昨日の夕方家内の☎が鳴った
大きな声が私にも聞こえる。「ばばちゃん、私輪島まで走ったよ!」
 実は、昨日石川県のイベントとして定着しつつある金沢・輪島ロードレース大会が開催され、そこに二男とその6年生になる孫娘が出場したのだ。親二人も、私らも完走は難しいだろうと思っていたのですが、なんとなんとでありました。☎を変わった瞬間「でかしたぞー!プレゼント買ってあげなくちゃいけないなー」・・・返ってきたのは「ヤッター」であった。本人はヤッタ結果以上にプレゼントが嬉しいようで、子どもとはこういうものかである。しかし、距離と時間を聞いたら驚いた。130キロを9時半出発で時間切れ寸前の18時半ころトウチャコしたという。まさによくヤッタである。子どもはこういうことがきっかけで心の成長をしていくものかもしれないとほくそ笑む自分がいる。思い起こせば、埼玉県親子マラソン大会というのがあって、二男と出場したことがあった。テレビ埼玉でも放映されたビデオを探し出してみよう。

ページ移動