記事一覧

No.3397 バス休止の反響

2021.04.01

アイコン

 前号で香日向バスの休止をお知らせし、その2日後にバス車内と停留所に会社からの休止を伝える文章が付けられました。その間、ブログへのアクセスも増え、複数の電話やメールをいただきました。また、外で行き交う住民の皆さんの話題のトップにもなっていたことは私の耳にも入ってきました。
 ブログにも示しましたように、経営環境が悪化しようとも、地域のためにと運行を続けてくれたことに対して、感謝の思いを伝えてくれる方が圧倒的に多いことに安堵した次第です。
 中には、既得権益に近い理解をする方もいるようですが、やはり、民間企業が経営することですから慈善事業的に永続出来るものではないということをご理解いただきたいと思います。
 ただ「困りました」という言葉にはこちらも困りました。香日向を基点に東鷲宮駅方面に向かう方策は、徒歩、自転車、家族の送迎という3つの方法しかないのは重々理解しています。私も議員になるまでの約14年半は家内による送迎が主体でした。いや、香日向に移ることが決まってから、自動車教習所に通ってもらったほどですから。
 その後は、もちろん常時利用することはありませんでしたが、雨天時にはバスが満杯といった様子も聞いており、時折利用すると運転手さんをはじめ心地良い挨拶が交わされる車内に嬉しさがこみ上げたものです。
 考えてみれば、長倉や千塚といった地区でも状況は同じです。こうした場合、事は前向きにとらえることが大切なのかもしれないと感じますが・・・。
 全国各地で路線バスが廃止され、北海道では昨日も鉄道路線が廃止されています。地域の未来にどうしたら光を照らすことが出来るか・・・交通事情の課題は少なくないと改めて実感した次第です。

No.3396 香日向バス休止の知らせ

2021.03.25

 香日向に念願のバスが開通したのが平成18年5月のことでした。以来、住民の足として地域を走るピンクのバスは地域外からも注目される香日向の風情になったと言っても過言ではありませんでした。
 その地域のかけがえのない足がとうとう運行を休止することになりました。
 今日、現社長から私のところに連絡をいただいたところでは、回数券を販売しているドッグランと酒のだいます、それと私に連絡をしたとのことでした。あまりにも突然のことで驚いたというのが正直なところです。
 いろいろと事情を伺いましたが、明日かあさってには車内や停留所に張り紙をするとのことで、それをファクス送信してくれました。

 決断にあたっては、他の事業で赤字をカバーする状況が長く続いており、かなり以前から懸案事項だったようです。ここにきてやはりコロナの影響も有ってのことだろうと思って確認したところ、それもないではないが、これから先の見通しに明るい材料が感じられないとも。
 確かに開通当時の人口4千人が今や3千人をかろうじて超えるほどに減少しています。補助金等で継続が可能かどうかについても、補助金そのものが長期的に確実なものではないし、市長が変わればどうなるかわからない。まして、今の幸手市の財政状況を知る限り、民間企業が多くを望むことは出来ないとの考えを打ち明けてくれました。他にもバスの維持費が経営を圧迫していたとか、ドライバーさんの確保が全国的に困難な状況となっているなど、細かな話をしてくれましたが、中田商会さんも社員さんを養わなければなりません。
 もちろん、私の想いとして「ちょっと待った!」の気持ちで一杯でしたが、民間企業の苦渋の決断に要望的観念だけで口を挟むのはいかがなものかという思いも感じ、既に国土交通省の承認も得たということで、もはや要望よりはこれまでの運行に感謝の言葉を発する気持ちが湧いてくる思いでした。
 ガソリン代高騰、消費税アップといったことも厳しく反映した時期、幾度となく値上げのススメを説いたこともありました。一度は大人料金のみ10円値上げの改定もありましたが、値上げ自体が国土交通省に対する申請の手間は相当なもので、それのみならず、許可も簡単に得られるものではないとのことです。

  思い起こせば、当時、政治信条の面で互いに気心通じる関係であった中田商会社長(現会長)に話をもちかけたところ、先方も路線バスの運行に関心があった時期だったことが香日向バス誕生のきっかけでした。
「枝久保さん、一日でも早く実現するためには地域の皆さんの要望を集めてもらえるといいんだが」と社長に望まれ、時をおかずその活動に奔走しました。
 当時、それを応援していただき、各戸を歩いていただいた皆さんへの感謝の気持ちは今でもしっかり持ち続けています。

 その後、道路使用許可が必要ということで、その為にまずは幸手市の町田市長に了解いただき、次に鷲宮町の首長を訪ねました。鷲宮町には社長と私、さらに町田市長も付き添っていただき、当時の本多健治町長を訪ねたところ、道路使用と停留所設置について快諾してくれただけでなく、住民の為に良いことだと共に喜んでくれたことは今でも忘れません。
 あと、二つの大きな記憶は、停留所の設置場所について、中田社長が細かく設置したほうがみんな利用しやすいでしょうと言うので、当初計画よりかなり多くなり、その名前付けを社長から相談されたこともありました。その後、その設置予定の前のお宅に個々にお断りというかお願いに行ったのですが、2軒のお宅で厳しい言葉とともに強い反対を受けたこともありました。それから数日してピンクの停留所を置く作業を手伝いながらここまでこぎつけた喜びを嚙みしめたのでした。
 また、5月17日だったと思いますが、開通記念式典をやると言ってきかない社長は、記念品とお赤飯を用意してコミセンで式典を実行しました。その時、6名の区長さんに招待状を届けたそうですが、出席してくれたのは3丁目の区長さん一人だけでした。私が関係してる政治的式典として自治会が関わるべきではないと考えたのではないかと中田社長が少しあてがはずれた感じで言っていたのが印象的でした。自治会の政治的活動は規約上はもちろん、一般概念からも控えなければなりませんが、こうした記念行事への参加が政治的行為にあたるかと言えば・・・考えさせられるところです。

 休止の連絡を受けて、私にとっての大きな出来事をついつい思い出してのブログになってしまいました。どうぞご容赦くださいますよう。
 本年9月末を持っての運行休止、日常の足として利用されている方がいることを思うと残念で残念でなりません。

No.3392 3月議会最終日で初の退席

2021.03.20

アイコン

 昨日は市議会最終日で新年度予算案をはじめ全議案が可決となりました。
 私は、令和3年度一般会計予算案と同下水道特別会計予算案に賛成討論をしました。これはまた追って報告したいと思っています。

 人事案件で、現教育長の任期が3月いっぱいで満了するため、新たに人選するための人事案が市長から提出されました。提案は現在の山西教育長の再任というものでした。今回の人事については、昨年12月に山西教育長が年齢と健康を理由に任期をもって退任したい旨の申し入れが市長に対してあった時点から、ここまでの約3か月間で、諸々の紆余曲折がありました。
 それらの一つ一つは決して褒められるものではありません。逆に、市民の皆さんが知ったら「市長も議会も何やってるんだ!」という声が出そうな状況になったのです。その原因は、市長の慎重な対応が欠けていたこと。そして今回だけに限らないのですが、議員による人事介入がここでもかなり行われたという事実。もとより市長に反発する議員もいると仮定すれば理解の範囲ではあるのですが、そうした流れの中で、最終日を迎える数日前まで市長が推薦しようとしていた新候補者の方に対して自宅まで訪れ、山西教育長の続投がベストと考えるので辞退してもらいたいといった主旨の談判をする議員も出るなど、スムーズな選考からは遠くかけ離れた経緯をふむこととなってしまったのです。

 採決では、私は退席という判断をしました。理由は前述の内容を総合的に判断して、市長の人事案件に対する対応の不手際、議員の介入、とくに候補者に対して直接辞退の申し入れを行ったことは、議員による一般市民に対する圧力と理解すべきであり、越権行為でもあります。
 市長が推薦し、上程しようとしていた候補者に対して議員がとるべき行動ではないと確信した次第です。しかも、それによって複数のご迷惑をかけた機関や個人が出てしまったこともあります。
 ただし、私は山西教育長の続投に依存はまったくないので、ご本人にお時間をとっていただき、詳細をお話し、互いに理解し合うという行動の結果として退席という道筋を選択しました。他の14名の議員は全員賛成という結果でした。

No.3385 議案質疑報告その2

2021.03.08

 晴れの合間に断続的に雨を降らしながら春へいざなう例年通りのいつもの陽気。先日の雨量では花や野菜にとって物足りない恵みだったと農家の人に言われた。
「青天を衝け!」での渋澤家の今は、野菜作りで画面が緑いっぱい広がるが、深谷名産のネギも、今は短くて細いそうで集荷の量が激減しているという。榮一翁に現世に復活登場してもらいたい? いや、いくら榮一翁でも天候まではどうにもならないか!

 話は変わるが、全人代開催中の中国。驚くことに、経済成長の見込みを6%程度としておきながら軍事予算は前年比6.8%増とした。隠蔽体質国家が軍拡路線だけははっきりと数字で主張するところに覇権主義の大望野望が示されている。
 22兆5千億円というとてつもない軍事費。日本は5兆3千億円程度であるからその規模はとてつもない。なにしろ、電磁式カタパルト発艦機能を持つ原子力空母が1兆円程度で造れるというのだからその脅威ははかり知れない。しかも、これとは別に宇宙開発費にも軍事関連と考えるべきものが含まれていると考えられるのだ。
 その軍事力は東南シナ海からインド洋、太平洋という海洋進出が最大の目的であるのは間違いない。10年、20年後の世界地図に大きな変動がないことを願うばかりだ。香港、ウィグル、モンゴル自治区、チベット情勢も習近平率いる中国共産党のやりたい放題である。自分如きが憂う問題ではないのだが、マスコミをはじめ社会の仕組みが異様に変わりつつあることも心配のタネではないかと思う。いつも感じることだが、こういう政治思想独裁国家のトップダウンというのはシステム的には民主主義国家より意思決定から伝達力、統率性、迅速性と言った点で陵駕している。野党がグダグダ揚げ足をとっている場合ではないと思うのだが、なんとも歯がゆい現実が目の前にある。
 余談が多くなり申し訳ありません。コロナといい中国といい気もそぞろなものですからご容赦願います。

 さて、お伝えしきれなかった他の議案質疑の内容を。
◆準用河川河床掘削工事 3,400千円について
 答弁では、長さ11m、幅約6m、想定掘削汚泥量27㎥、大中落とし(香日向からの流れ)の牛村橋下付近というものでした。この質疑のポイントは、これが防災対策としての位置づけにあるのかどうかということでした。予算額的には河床の定期的清掃といった感覚で捉えてはいたのですが、まさにそういったものだとのことでした。そもそも、10年以上前の議会やり取りでは、西中手前から駅北踏切までの800mを浚渫した場合の工事費の概算が2億5千万円と、当時の建設経済部長から答弁されています。内水防災対策とは多額な予算を必要とするものです。
◆香日向排水機場エンジン熱交換器取替工事 10,800千円の内容について
 答弁では、現在の機器が昭和62年製のもので耐用年限になっていることから予算化したもの。別の内容のメンテナンスとして、当該排水機場では平成21年に16,170千円、同24年に9,660千円などのオーバーホールを実施した経緯があるとのこと。管理を市に移管するしないにかかわらず、メンテナンス自体の最終管理責任は市にあると理解するものです。
◆下水道工事請負費 224,845千円について
 南3丁目から中5丁目に入り、東武線西側に工事が進んでいる現状だが、一昨年の質疑で砂状の土質にあたり、工事が難かしい場面が生じたことのその後、また新年度予算で組み込まれる工事地区と距離、松石、円藤内、千塚、香日向への接続の見通し、さらには工事を妨げる事象として考えられる点などを質疑確認。
 答弁は、現状砂質等の問題は無く、東武線にそって西1丁目地区を市道幸手加須線まで約400メートル進めていく予定。都市計画決定に入っていない千塚地区については見通しはなく、香日向にはまだ最低5年以上はかかるとのこと。
 工事を妨げる事象発生の可能性については、歴史的に洪水多発地区であったことから、再び砂質や、場合によっては流木などにあたる可能性が考えられ、実際にそういう例はあるとのこと。
 想定より、かなり後年度にずれた感は否めないが、ここまできたら待つということしかない。インフラ整備による生活向上のための街づくりとはそういうものです。実は、飯能で数日前に県道の一部が開通したのですが、都市計画の決定は昭和59年というものです。この時間差、気が遠くなるほどです。
 以上、ご報告まで。 

No.3384 議案質疑と常任委員会

2021.03.04

 1都3県の非常事態宣言が延長されそうな様相だ。個人的にはどこも100、とくに東京がそれを下回ればいいと願っていたが、ここにきて現象ペースが鈍化しているのが気になる。
 欧州ではフランスやフィンランドの複数県でロックダウン、イタリアでは連日数百の単位の死亡者があり、すでにワクチン接種者が145万人に達しているにもかかわらず変異株コロナの感染者が増え、学校のリモート授業が6日から拡大される。
 東京五輪は観戦者を国内だけに絞ることが5者会談で議論されたという。それを聞いただけでなぜかむなしい感覚に見舞われる。そういえば最近、収束という言葉を耳にしなくなった。自助という意味での考え方が人それぞれなのはやむを得ないと思うが、気を許めない!という思いだけは持続しようと肝に命じている。

 今日は執行部提出の議案質疑日。今回は4つの案件を通告した。
 3日前までに質疑通告をするルールや、自分が所属する委員会に付託される分野は、原則質疑出来ないことになっている。委員会で一問一答の質疑が可能だからである。ところが、その大原則を破る例が少なくない。そうしたことが許されるパターンは、「市長にうかがう」という一文を通告の語尾につけることによる。ただ、これを多用するのはあまり進められることではないと感じている。そうは言うものの、次の質疑内容で今回初めてこの手法を使った。
 臨時財政対策債という市債が歳入手法として2001年から導入されたのだが、自治体の税収と地方交付税合わせても賄い切れない状況において、国が後年に元本を交付税で補ってくれるという、簡単に言えばそういう類いの前借り的歳入なのだが、基準財政需要額が算定の基準となっていることから、人口減少が顕著で算定基礎数値が減少する幸手市にとって、前借りした臨時財政対策債の返済が100%補償されるかどうかはわからないという裏事情がある。
 新年度予算では歳入で9億4千万円、歳出で約7億3千万円、差引2億1千万円の新規起債となっている。この入りと出の調整根拠を確認するために本議会質疑をすることとしたが、実は総務常任委員会の付託対象案件なので、私は委員会質疑が出来るので、本議会質疑は控えるべき対象ということになる。それでも、本議会で質疑することを選択したのは、そこに意義があると感じたからである。ご存知の通り、委員会は議会中継されることがない。幸手市の窮乏財政の一端を多くの人に理解していただくには委員会より本議会ということになる。そう考えての特例的質疑であった。

 自治体には財政調整基金という使途万能基金制度があり、これは一般家庭の貯金的性質を持つものである。この理想的基金額は基準財政需要額の15%前後とされている。幸手市の場合、それは20億円程度ということになるが、それが現在は6億円ほどである。そして、新年度予算で2億5千万円取り崩すことが予算化されている。3億5千万円の残高見込みはいかにも心もとない。先の臨時議会ではワクチン接種事業へ約43,000千円繰り入れることが決まったばかりということもある。
 不測の事態発生時に繰り出すという用途が理想的ではあるが、実際は通常の行政運営資金となる。基金額が潤沢であれば財政は冷え込まないが、これがおぼつかないというのが当市の現実である。
 臨時財政対策債は性質的に別の問題もある。それは、市民サービスの当該年度分として起債されるので、土木事業などの建設債や教育債といった後年度未来につながる事業に対する起債とは自ずと異なる。つまり、後年度に償還金が生じる後年度負担借金ということなのでこの乱用乱発には慎重であることが望まれるのだ。
 さて、あと3つの質疑は所属していない建設経済委員会に関わる新年度予算関連の案件。
◆準用河川河床掘削工事 3,400千円について
◆香日向排水機場エンジン熱交換機取替工事 10,800千円について
◆下水道工事請負費 224,845千円について
 これらの詳細は次号でお知らせしたいと思います。

 明日から委員会質疑が始まります。まずは文教常任委員会からで私の所属委員会です。

No.3383 地元貢献に地道な積み重ね

2021.03.02

アイコン

 早いもので今年の6分の1が終わりました。陽の射す時間が長くなり、ウォークでは満開の梅が目にまぶしく映え、菜の花もいい感じで彩りを添えるようになっています。ステイホームでは記憶に残ることも少なく、あっと言う間に時が経つ感じでもったいない感が湧いてくるのですが、皆さんはいかがでしょうか。

 昨日の新聞に添付のチラシが折り込まれました。
三ツ林ひろみ衆議院議員の国政報告。コロナ禍で実際の報告会は長らく開かれないままですが、今や内閣府副大臣として、国政の広い範囲で大活躍されていることがわかります。
ファイル 1302-1.jpg 国政のテレビ中継は予算委員会が中心で、相も変わらず野党によるスキャンダル追及議会が続く状況ですが、その他の各委員会やプロジェクトにおいて、政府はしっかりコロナ対策を進めている実情がわかります。
 国民個々には、自らにかかわりのあるものにしか関心を持たない傾向があり、それはまたやむを得ないことと思いますが、少なくとも大小硬軟織り交ぜての対策が為されていることは理解したいところです。

ファイル 1302-2.jpg この三ツ林副大臣の報告から、地元への貢献に対する意志がはっきり示されていることが見てとれます。
 それは2面の中段下に示されている第14選挙区の自治体それぞれに配分されたコロナ対策対応臨時交付金の第3次補正予算の交付額です。全体的に他に比して多いと考えられますが、その中でもとくに幸手市が受ける交付金は人口比率から換算すると選挙区の中で最も高い金額になっています。その下には、別に埼玉県には227億円強が交付されています。これは、三ツ林議員が地元の為に大きな貢献をしていただいていることを示すものです。
 政治の在り方とは、こうした全国レベルでの課題が発生している時にいかに地元に尽力していただいているかが最もわかりやすい指標だと考えます。
 国政に限らず地方議員でも、自らが住む地域や、事業に関係する利益誘導型の活動を術とする人が少なくありません。前者は次期選挙を思考するとやむを得ないとも考えられますが、後者の直接利益誘導型ノパターンは風上にもおけません。
 私は、三ツ林議員にはそうしたものを感じませんし、感じたことがありません。それどころか、臨床内科医師としてコロナ禍での活躍には目を見張るものがあります。近頃は会う機会も少なくなっていますが、コロナ禍ということだけではなく、代議士が副大臣として多忙な日々の連続の中、三郷、八潮、吉川といった地域の数ある駅頭で早朝活動を続けておられることを、地元中の地元の幸手の支援者として頼もしく感じています。皆様の温かいご理解をよろしくお願いいたします。
 我が街にゆくゆくは大臣になろうかという国会議員がいることは大きな財産であることは言うまでもありません。
 昨今、新聞購読をされていない方が多くなった世情ですし、折込に気が付かなった方もいらっしゃるかと考え、当ブログで紹介させていただきました。
 

ページ移動