記事一覧

No.3559 久しぶりの権現堂桜堤で

2022.04.08

 羽生からの来客を案内して権現堂桜堤から第一公園まで出かけてきました。土日の雨にもめげず麗しい花模様を見せる桜にうっとりさせられ、少しの癒しを貰った感じです。
 ファイル 1481-1.jpgファイル 1481-2.jpg前週聞いていたほどの人出もなく、ゆったりのんびりの桜見物でした。多くの人がカメラを携えて、それぞれのフォーカスでシャッターを切っていましたが、サクラロードの一本の木に人がたむろしているので近寄ったところ、3枚目の写真の通りで、海ではサメ、陸ではこの生物に恐る恐るの興味を惹かれる人が多いことがわかります。ビデオを撮り続けていた人もいましたから。
ファイル 1481-3.jpg しかし、冬眠から覚めたばかりなのか、ゆったりホフク前進する姿に思わず20センチほどにスマホを近づけてしまいました。
 そういえば、昨年の真夏のことでしたが、我が家の庭に黒い色をした小さな子ども蛇を見つけた時の家内の驚きようを思い出しました。

 この後、第一公園に行き行幸湖側道を建設中の第2公園の方向に歩き、ちょうど湖の中間地点を横切る船渡橋を五霞方面に歩き、そこから振り向き行幸湖西岸を望む光景にうっとり。
 およそ2キロ前後はあると思われる桜並木は第4公園の桜堤とは別の感慨を与えてくれます。なぜ茨城県側の東岸の同じ距離に桜を植えないのかなと感じます。想像するだけで壮観な光景になるだろうに。
 同行の来客も幸手の桜スケールはなかなか他にはありませんねと感嘆していました。ふむふむ、さもありなんといったところですね。これで、10月には第2公園がオープンする予定ですから県営権現堂公園が素晴らしく市民公園としてさらに進展することは間違いありません。

No.3556 身近な数値情報

2022.04.04

アイコン

 満開になると雨に見舞われる桜。毎年繰り返されるこの天候サイクルは、今年は花真っ盛りの日曜日を選んでくれました。風神雷神様ももう少し優しく、私たちと一緒に桜を愛でてくれればいいのですがね。

 さて、我が街に関する数値情報を二つお届けします。
■コロナワクチン接種状況(3月25日時点)

ファイル 1478-3.jpg
 この表から見る限り、幸手市の接種率は埼玉県や国の数値を上回っています。そのせいかと感じることですが、同じ増加傾向でも他の街の方が高い傾向にあるようです。
 1回目、2回目の率に早く近づくよう順調に予約及び接種が進めばと思います。集団接種会場が若干混雑するといったことは、私自身が体験していますが、昨日のような雨天の際は、いったいどのようなことになっているのか気になるところです。
 ともあれ、幸手市でもまだまだ感染者数は増加していますし、全国的にも感染者が高止まりしている傾向があり、第7波が心配される状況です。4回目接種がアメリカなどでも進められるようですが、ひとまず3回目が早期に行き渡ることが必要です。子どもの感染率も憂慮されるところですので、自己防衛にゆるみのないようにしなければなりません。とは言え、経済の観点からは「お控えあれ!」ばかりでも問題です。細かいことはともかく、国民一人一人の理性によるといった感じですが、そこは日本の世界に冠たる面が生かされていると感じています。

■東部消防組合西救急ステーションの出動数
ファイル 1478-4.jpg 
 幸手消防西分署が西救急ステーションとして編成機能を変えたのは、昨年4月1日のことでした。その後の救急出動件数を東部消防組合総務課で確認したとろ、4月から12月までの9ヵ月間の件数が別表に示される数値です。
 また、組合域全体の救急出動は20,339件で、昨年の19,621件より多くなっています。そのうち、域外(管外)出動が104件あり、必ずしも組合域内に限らず互いに行政連携していることがわかります。
 ただ、20,339回の出動で実際に搬送したのが18,461件だったということで、これは例年同様の比率となっています。救急を求める判断・タイミングの個人差によるものと理解できます。
 ちなみに、組合域内の昨年12か月間の火災発生件数は143、前年が142でした。幸手市内の火災件数は13件、昨年は14件という状況です。

No.3554 ニトリ造成計画発表!

2022.03.30

アイコン

 ニトリ幸手物流センターの建設工事予定が正式に発表されました。
 まさに飛ぶ鳥を落とす勢い?のニトリは、昨年に石狩、神戸のDC建設を発表し、今回は名古屋と幸手の二ヵ所についての進出を発表したことになります。
 ライフスタイルやニーズの変化に合わせて需要拡大戦略を図るニトリは、物流機能の最適化を主要計画として進めています。議会で質問を続けてきた内容がようやく具体化しました。さらに、私が議会でも発言を続けている屋上への太陽光発電設置も環境負荷低減措置として実施する計画がなされています。

幸手物流センター規模
■構造・・・S構造、一分RC構造、耐震4階建
■敷地面積・・・106,433㎡ (3万2196坪)
■延床面積・・・210,403㎡ (6万3647坪)
■着工予定・・・2022年9月1日
■俊工予定・・・2024年3月1日

ファイル 1476-1.jpg この幸手DCの規模は、同時発表の名古屋が敷地2万1394坪、延床が4万2787坪ですから、これと比較してかなりの大きさになっていることがわかります。白岡DCとの連携等を考慮した首都圏域での物流機能の充実化を意図していることは明らかです。幸手産業団地最大の土地利用となるこのニトリDCの計画発表は、幸手市における税貢献や雇用促進といった面及び人口減少抑止という観点からも大いに期待高まるといった感じです。
 ニトリが発表した完成予想図からその規模がしのばれます。

No.3546 雛祭り展にぜひ! 

2022.03.04

 ウクライナとオミクロンに関するニュースが溢れる世情ですが、目先を変えて、地元幸手で開催されている雛祭り展のご案内をしたいと思います。
 3月3日は桃の節句。今日のさいたま新聞で幸手市郷土資料館で開催されている雛祭り展に関する記事が掲載されました。なかなか見ることの出来ない雛人形ということで、文化的価値も高いようです。今月末まで開催しているということですから、私も是非見に行きたいと思います。
ファイル 1468-1.jpg 埼玉県は日本一の人形生産県として、岩槻や鴻巣を中心に人形文化を維持発展させてきた伝統の地です。
 入場無料、月曜休館ということです。天候ほどには気持の晴れない日々となっていますが、年に一度の暦行事文化に触れることで気晴らしになればそれもまた良しということで。

No.3539 明日の議会

2022.02.23

 世界の目がウクライナに注がれている。身勝手な独立承認で国連の緊急会議が招集され、グテイレス事務総長もさすがにロシアを非難した。しかし、5つの常任理事国のうち二つが非民主主義覇権全体主義国の中露だというのでは、何も決められない国連の実態を感じるだけである。ロシアは着々と侵攻の設定作りを整えている。なんとも狡猾なプーチンではないかと思う。

 さて、幸手市議会は明日一般質問の最終日で、私をトップバッターに、木村議員、武藤議員で今議会の一般質問は終了です。傍聴ご遠慮いただいている関係で、後席の寂しさは否めませんがネット傍聴は可能です。10時から開会ですのでよろしければということでお願いしておきます。

No.3535 明日議会初日

2022.02.17

 この2日間、春めいてきたぞと感じたのにまた今朝は! なぜ今冬はここまで寒いのでしょうか。地球温暖化の現実を疑うほどです。このところの数年は雪も少なく、スキー場の廃業が相次ぐ状況でしたが、新聞のスキー場積雪情報を見ると3m前後のスキーリゾートが少なくありません。北陸から山陰の雪景色映像を見るほどに当地では暮らし向きも大変なことだろうと思います。

 いよいよ明日から3月定例会が始まります。159億4千万円の新年度予算審議が中心の議会です。初日は議案説明、その後一般質問3日間を経て、議案質疑、委員会付託議案質疑といった流れで進んでいき、3月18日の最終日に採決となります。
 こうした形で予算審議をすることは大切ですし、例年、4回行われる定例会の中でも3月議会は執行部も議会議員側も最も緊張する議会と言えます。ただ、予算に関わるという点では同じことなのですが、人口減少問題を起点にすると、すべての施策がそこに絡むことになると考えるべきです。そうした観点から思いを巡らすと、今の地方自治体は予算がいくらあっても足りないと言っても間違いではないくらい、喫緊及び当面の課題が多岐に渡ります。
 例えば、街づくりに直結する土木建築関連の大事業として(県事業も含む)次のようなものがあります。
■幸手駅西口区画整理事業の進捗
■権現堂第二公園整備事業
■惣新田幸手バイパス整備事業
■産業団地増強整備事業の具体化と既販売造成地の早期建設工事の具体化
■新庁舎建設計画の具体化
これらの事業は、義務的経費といった範疇に入らないことと、巨額を伴う事業なので、国や県の補助金があるからといってすぐにというわけにはいきません。さりとて予算が厳しいからといっていつまでも後回しにも出来ません。執行部にとって悩ましいことこの上ない課題なのです。早期にクリアして幸手市変貌を実現するために知恵の絞りどころです。
ファイル 1456-1.jpg 写真は1月に撮影したものですが、幸手市惣新田地区の江戸川右岸堤防工事の様子です。国家事業として進められているわけですが、これも始まってから相当の年月が経過しています。実に気の長い事業ですがどれもが国民の命を守る事業であり、街の未来を構築する事業です。

ページ移動