記事一覧

No.3027 望まぬ雨

2018.09.02

アイコン

 8月の陽気がウソだったかのように感じる悪天候。数日前から夕方になると雷鳴を轟かせての集中豪雨。それも近年特徴的なピンポイント攻撃であることが雲の様子ではっきりわかる。
 今日は待ち望んだ稲刈りのための大切なピンポイント休日のはずであったが、予定が狂った農家が多かったことと思う。そう思いつつ、籾摺りでも手伝おうとある農家を訪ねたが、案の定稲刈りは出来ず購入した機械を動かすことが出来ず残念がっていた。ただ、数日前にいち早く2反ぶりの収穫はしていたそうで、その分の籾摺りはとりあえず出来たことで少々の安堵感は感じていた。話を聞く側としても「良かったですねー」と慰めるのが精々だった。ただ、暑さのせいか、今年は例年より粒が小さいと話していた。

ファイル 936-1.jpg  ファイル 936-2.jpg 

ここ数日、近隣を走りながら広大な黄金の大地にポツポツと切株だけが残った稲刈り後の土地が目に付き始めていた。カラスが群れて餌を探す様もお決まりの光景だ。
 話はそれるが、稲刈り中の田圃を目ざとく狙って、そこに潜んでいたカエルや昆虫をあさるのはシラサギだ。稲刈り機の後を追うシラサギに普段のイメージはない。その後で残り物のあずかろうとやって来るのがカラスのようで、田園の中にも生態系の順列のようなものがある。この鳥たちもすっかり日本の農業風景の一員なんだと考え、自然の仕組みとは面白く出来ているものだと感じる。なんとなくNHKの番組を見ている気分になるから不思議だ。

 さて、台風21号が速度を速めて日本を縦断する可能性が出ている。4、5日あたりがそれにあたるという予報だが、毎年、稲刈り時期になるとこうした天候が多いそうで、写真のように穂が垂れ始めるとなかなか戻らず、更に雨に見舞われるとお辞儀の角度も深くなって稲刈りもスムーズにはいかなくなる。そうした状態で刈られた米は3等米の判定になる可能性もあり、天候を考慮した稲刈りのスケジュール設定は農業にとって影響が大きい。とくに、サラリーマン農家は休日が活動の中心なので、結局は会社を休む日を増やさざるを得なくなる。「果物にも言えることだと思うが、米作もギャンブルみたいなもんですよ」という言葉が、返る途中こだまのような残音感として響き続けた。

No.2988 米処幸手

2018.04.26

アイコン

 埼玉県で26年ぶりに特A米が選定されたことを№2975で書いた。これは県東という産地指定がついていたことから幸手がその生産地の一つであることは間違いないと思っていたがその通りのようだ。とは言え、生産地が細かく限定されているわけではなく久喜にある県農林試験場が主体となって、美味しくて丈夫な米作りに励み、その新種の生産にチャレンジする農家があってこそ今回の成果につながったのだ。
 近年、遊休農地の問題や後継者不足の問題、また効率の良い米作りといったことが生産農家の大きなテーマになっているが、こと米については生産離れをする農家が増え、その分を請け負って大量に米作りを行う大規模営農家の存在が注目されている。飼料米という家畜用飼料を生産してでも農地を遊ばせることなく有効利用しようという国の方針も理解は出来るが、後をうける次世代が続かないことには優良農地といえども宝の持ち腐れになるだけだが、若い人たちが農業に従事するケースは増えているということだが満たすまでには至ってないというのが実態のようだ。
ファイル 896-1.jpg 幸手にも大規模面積で米作りに励む営農家がいる。私がよく知る方で約90町歩で米作りに励む営農家がいる。大型機械の導入や海外農業の研鑽に怠りなくひたすら美味しい米作りによる地域活性化に汗を流すのが経営方針だ。ちなみに1町歩は1反の10倍で3,000坪、1辺が100mの正方形と考えるとわかりやすいかと思う。すべての田圃が正方形ではないが、畳に数えると6,000畳というから相当なものだ。だいたい1反でどれくらいの米が採れるかというと平均8俵だそうだ。1俵が60キロだから豊作であれば約500キロということになる。90町歩だとどのくらいの米を作ることになるのか。写真は数日前に始まった田植え用のコシヒカリ育苗風景である。見える範囲で1万枚あり、これが捌けると次の育苗にかかるという。それが彩のかがやきや特A米に認定されたキズナになるというからコシヒカリが農業の専門用語でいうところの早生(ワセ)ということになるのだろう。
 しかし、米価が低価格で落ち着いていることや天候に左右されること、また機械投資が大きいことなど、米農家の経営は厳しいのが現実だ。そうしたことを思うと、米好きの私としては昨今の米離れが進む食生活の変化が心配やら寂しいやらで仕方がないといったところである。
 ともあれ、本年の五穀豊穣を祈りたいと思います。

No.2761 てるてる坊主も喜んで

2016.06.13

アイコン

 就寝中になにやら屋根をたたく音・・・「おや?雨だ」と感じると同時に飛び起きて窓を開ける。「よかったー」と安堵。こんな方が今朝は多かったことと思う。とくに農村部ではこの恵みの雨に歓喜していることだろう。

 貯水率が20%を切るダムもある状況だっただけに、特に山間部で時間40ミリを超える雨量があるのは関東ではありがたいことだ。一過性でないことを願うが、狂喜のように降るのだけは御免蒙りたい。やはり適宜適当な水量で国土を湿らしてくれるのが一番。
 
 自然は人間生活に恵みも災害ももたらす気まぐれな面が多々あるが、今朝は正直なところ感謝感謝といったところ。
 子どもたちの作ったてるてる坊主もニコニコ顔で空を見上げていることだろう。
 

No.2760 深刻さを増す幸手の水飢饉

2016.06.09

アイコン

 №2749で書いた幸手市中島土地改良区の水不足が深刻化しているようだ。
 現地に赴き、2749を書いたのが5月18日だったので、かれこれ3週間が経過していることになる。よろしければ、2749を再度確認していただければよろしいかと。

 現地を確認した時は、前日の雨で圃場は水が見た目には満たされていた。しかし、その時「そんなのは気休めにしかならねえよ」という現地農家の方の言葉はまさに的を得ていたことになる。

 そして、さらに・・・今日の新聞報道では。
 利根川水系の8ヶ所のダムの貯水率が50%を切ったそうだ。これは、この8ダムの運用を開始した1992年以来最低であり、平年の6割程度でしかないというのだから、さーどうなることやら。
 当然、考えられるのは取水制限ということになるが、すでに6都県渇水対策連絡協議会では10%の制限を協議するという。
 パイプライン未整備で、河川直接取水の中島地区にとってますます厳しい状況だというのがわかる。

 5月の降水量は確かに少なかったことを身体が覚えている。梅雨入りしたということだが、降りそうで降らなかった昨8日の空を見上げて、現地の人はさぞや恨めしい想いでいることだろう。
 なにしろ、もう田んぼでは割れが出ているというのだから尋常ではない。

 3年前の時は、現地に出向いた直後に、県の関係部署から副知事にまで連絡をして相談を仰ぎ、江戸川・中川の南部下流域の水利権者の許可を取り付けていただいた上で、三ツ林代議士がイチ早く国交省から手配していただいた大型ポンプで緊急取水をして事なきを得た。

 中島土地改良区では、おそらく大騒動に近い状況になっているものと思われるが、無事に米が生育し、実りの秋につなげるために一致団結して知恵を出し合い、この非常時をなんとかしのぐものと思います。
 ただ、この状況は温暖化の影響もあると思われるので、毎年起こりうる可能性が高いと推測すべきで、来年以降の永続的対策を計画することが、次の段階で重要なことではないかと思う。

No.2749 水飢饉にみる未来への責任

2016.05.18

アイコン

 4年前のGW期間を中心に幸手市東部にある中島土地改良区米作地域の水飢饉が発生した。
 私もこれに携わった関係で未だに記憶に残る出来事となっている。

 今また、この地区が水不足に陥っているという。昨日、現地を訪ねたが、一昨日夜半からの雨で一段落している様子ではあった。しかし、まったく危機を脱したわけではないと地域の方々は口にする。

 4年前、県土整備部長から副知事に栄進された岩崎康夫現埼玉県副知事のお力で、江戸川下流地域の水利権所有者の了解を取り付けていただき、大雨時に中川から江戸川への放水をするための施設である幸手放水路貯水施設から、340ヘクタールの水田を抱える中島土地改良区に向けて緊急放流が行われ、なんとか事なきを得た。
 この時、三ツ林代議士による国交省との交渉で、大型ポンプ車が配備されていたことが幸いした。

 幸手市は、三ツ林代議士の祖父である弥太郎翁の尽力で、昭和45年前後を境に農業利水としてのパイプラインが整備されたのだが、この中島土地改良区だけは整備されないまま残ったという。
 聞くところでは、江戸川、中川のふもとにあるからパイプラインは必要ないとの判断がなされたというのだが、当時の理屈としてはなるほどといった感じではある。まあ、その通りかどうか今となっては定かではない。

 私も、新興住宅の一市民から、合併問題を介して地域に関心を持つ立場になって15年近く、多くの方々との有難いコミュニケーションもあって、幸手市全体の歴史、地理、産業、人と人の繋がりといった事柄に、ある程度精通してきたとの感慨がある。
 そうした中、よく耳にする話として「幸手は、時代の流れに素直に向き合ってこなかった」という後悔と反省に近い言葉を聞く。代表的な話としてJR敷設計画を拒否したというのがそうだ。

 中島土地改良区以外の農業関係者から、「あの時、一緒に整備しておけば良かったんだ」という声があるのも事実であり、降る時は洪水に近いほど大量に降るかと思えば、降らぬ時はダムが干上がるほど何日も降らないという昨今の雨事情が農業事情を変えているが、専門家の間では地震の影響で河床が下がっている可能性もあるとの節も取り沙汰されている。

 河床が下がると、土手を貫いて改良区のポンプ施設に水を利する樋管口より水位が低くなる可能性もある。河川から直接水を引く農村地区ではここでも自然との戦いなのだ。
 利根川中流域の行田行政区にある利根大堰は、武蔵水路、見沼代用水、埼玉用水路といった東京や埼玉中央部への上水道や灌漑用水を賄うとともに、葛西用水路などへの導水を経て県東部地域へのパイプラインが整備されている。
 

 中島土地改良区でも、地区をあげて、関係者のありとあらゆる知恵を絞って、現状の江戸川からの直接誘水ではない水利方式を検討すべき時期が来ているように感じる。それが、未来の農業従事者世代のために残してあげるべき最大の事業かもしれないと思うのだが、はたして・・・。

 例えば、取水箇所を少なくするために今の水田を5枚分くらいにまとめて大きな水田に変えるというのも考えられる対象ではないだろうか。こうすることにより、田植えや稲刈りでも効率性が高まるだろうし、機械の疲弊も抑えることになるはずだ。
 また、コストのかからないという意味では、低空中配管方式などのようなパイプラインを新たに計画するといった発想があってもいいかもしれない。その場合、途中途中のポンプはどうしても必要となるだろうが。
 要は、コストの問題だが、補助金とはこうした場面で頼るべきものではないかと思う。

 利水の奪い合いをたとえて「水戰爭」という言葉があるそうだ。必ずしも昔の話ではないという。それほどまでに、農業と水との関わりが深いのは言うまでもないが、水に対する不安は農業が抱えるストレスの大きな要因であることは素人でもわかる。
 

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>