記事一覧

No.3547 今こそ真剣に国防議論を!

2022.03.07

 数号前に日本の地政的環境が世界でも最も危険な状況下に置かれていることを書いたが、ロシアが隣国の主権国家に侵攻し、無差別殺戮をした現実で、そのリスクが現実のものになる可能性が高くなった。これを否定する日本人がどれほどいるだろうか? 国と私たちの命を誰が、どんな方法で守ってくれるのだろうか。そうした国防という認識で政治的に議論を深めるべきだという声が多くなっているのは間違いない。
 ところが、政治の世界でそうした現実を見て見ぬふりをするような発言があることに腹立たしさを感じてならない。本気で言ってるのだろうから暢気なものだ。
■憲法9条があるから日本は他国から攻撃されることは無い。
■防弾チョッキを送ることは武器の供与にあたる。
■どの軍事同盟にも属さない平和を。
■安倍元首相が核兵器の発射ボタンを持つことを主張

 最後の内容は捏造も甚だしく、真実は「有事にあっては日本も核を共有することについて議論すべきである」というもので、民主党政権時の岡田元外務大臣も当時同種の内容を発言している。これを核のボタンを押せるという極論を導く得意の手法。これにより市民を欺き、煽動し、ひいては左派思想への誘引を謀ろうとする卑劣な手法でしかない。
 防弾チョッキをウクライナに送ることを批判する、いやよく言えるなと思う。本気で言ってるとしたら人道的見地は限りなくゼロに近い。
 日本がスイスのような永世中立国宣言をしても中露には何の抑止効果もないということを日本の隣国かつ国連安全保障常任理事国のロシアが世界に示したではないか。第二次大戦終戦直後にロシアは不可侵条約を破って北方領土を持ち去ったままだ。日米安保無用論は間違いなく暴論でしかない。イデオロギーの問題なのでこうした思考を問題視してもやまることは無いだろうが、こうした思考にまみれた層は、ロシアや中国が侵攻してきたら、北朝鮮がミサイルを領土に直撃したらといった想定において、日本はどうあるべきか、国民の命を守るために何をしたらいいと言うのだろうか。ところが、国民が安心する具体策といった点には触れることが無い。おそらく憲法9条を盾にするくらいのことしか言えないだろう。イデオロギーや思想偏重というのは、どっぷりはまってしまうととりこになってしまう傾向にあると理解しているものの、ウクライナの実態を見るにつけ、そんな悠長なことでいいのだろうかと思う。
 デンマークでは今回のロシア侵攻を歴史的出来事と判断し、国防費の大幅アップを協議するとし、仏独首脳も軍備増強の必要性を判断したようだ。その他NATO非加盟国の多くがNATO加盟を希望しているという。日本においても防衛力、抑止力を高めるための議論を早期に進めて貰いたいものだ。

 私事で恐縮ですが、本日目尻脇縫合部の7針を抜糸しました。多くの皆さまにご心配いただきありがとうございました。

No.3546 雛祭り展にぜひ! 

2022.03.04

 ウクライナとオミクロンに関するニュースが溢れる世情ですが、目先を変えて、地元幸手で開催されている雛祭り展のご案内をしたいと思います。
 3月3日は桃の節句。今日のさいたま新聞で幸手市郷土資料館で開催されている雛祭り展に関する記事が掲載されました。なかなか見ることの出来ない雛人形ということで、文化的価値も高いようです。今月末まで開催しているということですから、私も是非見に行きたいと思います。
ファイル 1468-1.jpg 埼玉県は日本一の人形生産県として、岩槻や鴻巣を中心に人形文化を維持発展させてきた伝統の地です。
 入場無料、月曜休館ということです。天候ほどには気持の晴れない日々となっていますが、年に一度の暦行事文化に触れることで気晴らしになればそれもまた良しということで。

No.3545 プーチン無差別攻撃

2022.03.04

 ウクライナ国民の死者が2000人を超えた。ウクライナ国民が撮影したSNS動画は至る所で爆破の轟音と燃え上がる炎、黒煙にまみれるウクライナの街を映している。これをもフェイク写真だとロシアも中国も主張しているようだが、これが独裁国家の事実だと認識しなければならない。昭和19年から20年の8月まで日本各地が味わった悪夢が今再現されている。この世のものとは思えないおぞましい光景である。
 石油貯蔵所、学校、そして原発にまでミサイル攻撃を仕掛けたプーチン。狂ったプーチンは老若男女、子どもまで見境なく無差別殺戮を続けている。西側世界が地団太踏む状況をあざ笑うかのようだ。
 国連で141ヵ国の賛成でロシア非難決議が採択された。しかし、プーチンの心に訴えるどころか、無差別殺戮への思いを一層かきたてるだけかもしれない。
 原発攻撃はどこまで意図しているのだろうか。原子炉爆破となるとチェルノブイリの10倍の災害になるという。ロシア産の石化エネルギーに頼らざるを得ない環境に持ち込むための原発制圧だとする専門家もいるが、石油貯蔵所への攻撃と結び付けるとその可能性が高いのだろうか。それとも電気に絞った兵糧攻めか、ウクライナの核兵器製造を防ぐためか、はたまたロシアの核兵器拡充の対象としているのか。いずれにしてもこれはもう戦争犯罪と言うしかない。
 刻一刻とウクライナの惨状が増幅している。プーチン暗殺説や拿捕した場合の賞金説なども伝えられているが、狂気がエスカレートするプーチンとしては、この侵攻が失敗した場合への思いを巡らせるならば、もはや引くことは無いように思える。中立とか非武装化が条件だとしているが、真に狙っているのはウクライナの全面降伏、属国化に違い無い。その先にあるのは更なる西への侵攻もある得るのだ。

No.3544 日本の地政学

2022.03.04

 侵略行為を正当化し、日本、スウェーデン、フィンランドといった支援国家に対する報復の前ぶれ的領空侵犯を繰り返すプーチンロシア。それを言葉を変え、立場を巧みに利用して裏で支える中国。中国報道官曰く「ウクライナはウクライナにいる中国人を安全に中国に戻す国際的責任を果たすべき」と発言している。公然と、平然と他国民虐殺を実行する国際的犯罪国家ロシアプーチンを非難することは無い。既にわかりやすい世界構図が出来上がっているのだ。


 日本の地理的立ち位置は、地政学上この覇権枢軸国家群に攻め込まれたらどうなるのだろうと考えるのは必然的なこと。
 日本には避難する隣国が陸地でつながっていない。のんびりと船舶で避難することなど不可能だ。それは侵略する側にも困難な面があるが、飛射兵器主体の軍備力が問われている中、相手が日本となればロシア、中国、北朝鮮は連合体となって日本殲滅を企てる可能性が高い。その時、この3国を背後にする形で陸地でつながる韓国がどういった対応をとるか。現時点での日韓関係は、日本を占領国家として先祖を虐待した仇敵国とする子女教育を長年続けてきた韓国が国家間協定すら守らない関係と化している。それどころか、いまだに反省と賠償を求める状況にある。これは、河野談話、村山談話、朝日新聞のフェイク報道、そのきっかけを生んだ福島瑞穂、更には日韓友好議連議員たちの曖昧な対応によるところが大きい。人同士の個々の問題ではなく国家間の問題はあまりにもギスギスしている現状であり、まるで袋小路に入りこんだかのようだ。

 かくも厳しい隣国群との関係において、もしも台湾侵攻が実行されたとしたらその後の日本はいったいどうなるか。これは現在のウクライナ情勢を見れば最低限必要なシュミレーションのはずだ。
 ウクライナは好戦をしているわけではない、結果として交戦せざるを得ず、それは国民を守るためのロシアに対する反戦行為なのだ。ゆえに戦争反対のプラカードを振って単純に唱える行動はウクライナ国民には失礼なもので、左派思想のプロパガンダに使うべきではない! このような私の主張に多くの賛同をいただいておりますが、前述のシュミレーションをした時、国として、国民としてどういう対応をするべきなのか。少なくとも、第二のヒトラーが出現したのだから、第三、第四といった悪魔の候補者が控えていることを軽視するべきではない。
 日本かくあるべきか!

 昨日から委員会付託質疑が始まりました。自分が為すべき現業としてしっかり努めているつもりですが、逃げ惑うウクライナ国民、拘束留置されるウクライナの子供たちの映像を見て、一自治体の行政に感じる問題が小さく思えてなりません。今日は文教委員会の二日目です。

No.3543 独裁者の特徴

2022.03.03

 日本との平和条約締結に好意的な姿勢を示していたプーチンだったが、それが日本の経済協力を引き出すための社交外交の最たるものだったことと、人格そのものが平和を求めてなどいない人物であることが、今回の対ウクライナへの侵略で明らかになった。
 事実、サハリンでのLNG事業に日本の大商社2社がそれぞれ20%程度の出資をするなど北方地区での日本企業の進出はかなり進んでいる。。
 独裁者に言える特徴は、①大虚言癖 ②誇大表現癖 これらを駆使することにより、自国民をだまし、他国への武力介入を実行するということなのだろう。
 もちろん、それは全体主義者の心に潜む悪魔の囁きであって、その奥底にあるのは自国利益を前面に立てた自己利益、自己欲求の実現でしかない。
 今、ロシアの国内事情、ウクライナの状況、各国の対応、国連の動向といったものをBS1を主体に聴取する日々だが、KGB出身者がそれかどうかは確定できないが、プーチン報道を見る限り暗い陰鬱な野心家であるとしか感じられない。
 「ロシアの即時撤退を求める決議」に反対した国にも同様のことが言えると考えると、民主主義に対抗する独裁者があちこちにいることがわかる。だからこそ、早期にプーチンの野望を食い止めなければいけない!

号外: ありがとうございます!

2022.03.02

アイコン

 ブログをお読みくださった方々からお見舞いのメールをいたきました。中には直接家までお越しいただくなど、温かいお気持ちに深く感謝いたします。

ページ移動