記事一覧

No.2995 アンフェアどころの話ではない!

2018.05.15

アイコン

 実は恥ずかしい話だが、日曜日の午後、ちょっとしたことで肋骨にヒビが入ることとなり病院通いの身となった。正直かなり辛い。咳、くしゃみはもちろん寝返りの際に激痛が走るし、少しひねっただけでも痛みで響く。まったく災難はいつどこでもらうかわからない。叱られながら家内にシップを貼ってもらい、気をつけようと言い聞かせるのが情けない。
 ところで、スポーツの最中の人為的災難は避けることができない。2号続けてスポーツの話題になるが、学生スポーツにあるまじきプレーを目にし愕然とした。このプレーにはどうにも怒りが治まらない。
 フェアープレーはプロ以上にアマチュアスポーツ、特に学生スポーツには求められる。勝ち負けに関わりなく相手をリスペクトする心が無いなら根本的にスポーツをする資格がないと小生は思っている。大相撲でもそう感じることがある。土俵外での突き離し、けんか腰の張り手やかち上げなどなど。これが多い力士はどうしても好きになれないし、応援精神がわいてこない。
 しかし、日大アメフト部ディフェンサーが関西学院大との定期戦で起こしたプレーはスポーツの世界でこんなことがあるのだろうかと感じる酷さで相撲の比ではない。パスしたクォーターバックが一息ついているところに背後からタックルするという許しがたい行為。ボールはパスが通らずラインの外に出たのだが、ビデオを見る限り、タックルはなんとこのボールアウトよりも遅いタイミングで行われているからレイトタックルもいいところなのである。タックルの目の前に関西学院大の選手がいて、学生たちが抗議している姿が見える。
 QBの奥野選手は3週間のケガだというが、脳や骨の異常が無ければよいのだが。骨もつらいが脳はもっと質が悪くなる可能性がある。場面はスポーツの最中ではあるが、これは被害者と加害者といった状況で調査するべきかもしれない。厳しいようだが、日大フエニックスはスポーツマンとしての精神が病んでいるとしか思えない。事件後の報道で「レイトタックルでクォーターバックをケガさせろ。俺が責任をとる」との指示を監督が出していたという更に最悪の内容が伝えられている。当然ながら指導者としての資質、人格の問題が問われる。追放処分でもいいくらいではないか。ただし、当該選手はその後も2度のラフプレーをして資格没収(退場処分)になっているが、最後はプレー中断後にまったく離れたところで関西学院の選手につかみかかり頭を殴っている。ひときわガタイの大きい選手だ。これは監督の指示とは思えない。審判も判断が悪すぎる。最初のプレーだけで退場指示がしかるべきだった。その後、関西学院大に出向き詫びを入れたとされているが、個人と言うよりは学校のメンツによるものだろう。選手は対外試合出場禁止処分となったようだが、監督は雲隠れしているという。アマチュアスポーツの世界も着実に勝ってなんぼの自己本位な考え方が主流になりつつある。今回の場合、勝利へのこだわり方が間違っている。
 社会はいろんなところで歪みを見せているが、その一部分のようにも思える。スポーツには根性が付き物だが、根性の悪い人間はスポーツをする資格がないと言ったら言い過ぎだろうか。

No.2994 メジャー万歳

2018.05.15

アイコン

 2003年から書き続けてきたえだブログも3000号がいよいよになってきた。エンゼルスのプホルズが2001年にデビュー以来積み重ねてきた安打数を5月4日にメジャー32人目の3000本を達成したばかり。同じ3000というだけの話でこれほどの大記録と比較などするつもりはないが、なんとなく語呂合わせ的な部分だけでも心躍るものがある。

 エンゼルスと言えば、昨日の大谷投手は11奪三振の快投乱麻。身震いするほどの切れ味でツインズの並み居るバッターをバッタバッタのめった切り。しかし、7回1アウト後の四球でソーシア監督は中継ぎに交代。直後の2連打でこのランナーがホームインして同点となり4勝目が無くなった。緻密な計算で変えたというが私なら続投指令。大谷くんがどう思ったか知る由もないが、自らが出したランナーはホームに返したくないはずである。基本的には点差が3点以内なら続投で100%の勝ち試合にもっていきたい。彼より力を発揮する抑えの投手がいるとは思えないからだ。疲れが残ることを案ずるなら登板間隔を臨時で1日ふやすことも可能ではないか。サヨナラ勝ちしたからいいものの負けでもしたら、大谷くんのピッチングのすべてが無になるということを考えるべきではないだろうか。それこそが、11奪三振を個人記録に終わらせずにチームの勝利に結びつける監督の采配だと思いたい。
 ところで、当日は母の日ガン撲滅運動に合わせてメジャーはどこもピンク一色といった感じだった。こうした企画はアメリカならではで、追悼、感謝、福祉、奉仕といった面で組織や国を挙げて取り組む空気がこの国にはあふれている。
 帽子はトップがピンクでツバはエンゼルスが赤、ツインズが黒。キャッチャーマスク、プロテクター、レガース、アンダーシャツ、ストッキングなど至る部分がピンクで、なんとバットまでピンクだったのには驚いた。しかし、よく見ると強制ではないようで、スパイクやグローブは日々使い慣れたものを使っていた。しかし、こうした手法は日本には少ないですね。楽天星野前監督の追悼試合に全選手が77番のユニホームを着たのもアメリカの例にならったものだ。素晴らしいと感じるものはなんでもマネすればいい。それが慣習になるほどに続ければいいのだ。ただ、スポーツメーカーの協力も欠かせないだろうが、コストはMLB機構が全額負担するのだろうかといった点にも関心が向く。
 テレビでしか見られないメジャーだが、画面から受ける臨場感かつ雰囲気は日本にはないものがはっきり伝わってくる。同じリズムで試合中鳴り続く太鼓とトランペットの無い雰囲気がうらやましい。

No.2993 わかりやすい金正恩

2018.05.10

アイコン

 アメリカ人拉致被害者3人が解放され帰国した。機体まで出迎えたトランプ大統領のご機嫌は最高潮に達したよう・・・いやいやこの場面では自らが盛り上がる必要があるだろうし、それは帰国者への礼儀だろう。ただし、北朝鮮に対する信頼度が格段に上がったかどうかは不明だ。事実は、李克強が日本を訪れている時に、習近平と会うという安倍首相よりワンランク上だと言わんばかりの突然の訪中。これは、受ける習近平にも北朝鮮を抱え込むタイミングとしてはうってつけの場面と言える。しかもこの会談の後に即アメリカ人の解放が実現したのはまさに習近平のアドバイスと考えると辻褄があう。キムは即時の解放を本国に向け指令を出した。茶番かもしれないが、世界の多くははこのアメリカへの気遣いに安堵感を持ったはずで、なんとなく違和感を持つのは日本だけかもしれない。根底には人質解放を持ち出されたくない北朝鮮が、習近平との会談でその意をいとも簡単に変質する
 直前には、人権問題をテーマにするのは米朝会談を白紙に戻すことにもなりかねないと日米に啖呵を切った北朝鮮。揺れ動く金正恩の腹の内が読み取れる。したがって、この状況にしびれを切らした習近平が金正恩を中国に読んで騒ぎ立てるなと説教し、逆に被害者解放を進言したのかもしれない。今や金正恩を弟分のようにたしなめる習近平と言えるが、これは対プーチンも意識してのことかもしれぬ。
 数号前にも書いたが、習近平の狙いはシナ海を手中に治め、太平洋への進出が目的にあるはず。そのためには、尖閣どころか沖縄まで支配化を謀ろうと目論む。そのためにわずらわしいのが在韓米軍であり、沖縄米軍である。これは韓国に配備するTHAADに対する過剰なほどの反応であきらかではないか。それは国民に向けて観光への旅を禁じるという過激以上の何物でもない経済制裁を考えればうなづける話である。
 キムは実際のところ、かなり追い込まれており、習近平が意図する日米対応のための人間核弾頭的立場になって自国の窮乏を招いている経済制裁を取り除きたいのが本音ではないだろうか。
 トランプ大統領は、そんなキムを読み通している可能性が高い。
 しかしまあ、日本の国会は18日のムダを経て、ようやく審議を開始したが、それでも朝鮮半島状況に関する議論は為されていない。

No.2992 幸手市の未来は明るいのか(2)

2018.05.10

アイコン

 さて、前号に続いて幸手市の今後についてもう少し検証してみたいと思います。まず、前号の内容で誤解を招く部分について訂正させていただきます。
「給食費しかり、エアコンしかり・・・。それも必要なことであるが」
この部分で、給食費の無償化について了解しているように感じられたかと思いますが、小生、この無償化には元々、そして今でも賛成ではありません。現市長がこれを選挙戦の公約にした際、違和感を持った内容です。それは人間の成長に最も必要なのは「食」であり、親は子の成長のためにはまず第一に食を与えるという経済的責任があると考えるからです。私は給食経験があまりありませんで、毎日母が作ってくれる弁当を持っていく生活でした。冬季にはこのアルマイト製の弁当箱を教室に備え付けの保温機に入れて温かいのり弁に舌鼓をうったものです。当時の多くの母親は早起きだったと思います。
 義務教育費は私たちの時代と違って、今は教科書まで無料。平成22年から公立高校の授業料が無償になり、26年度からは私立高校でも世帯年収により授業料の無償化が法制化されました。今では政党によっては大学の無償化まで唱えるところもあり、幼保一体化の無料化も検討材料に上がっている状況です。時代が違うと言ってしまえばそれまでですが、親の責任としては子どもの精神的成長に拘わる家庭内教育と同等以上に食に関する責任は欠かせないと思う次第です。昔話が過ぎましたね。

  話を戻しましょう。
 防災に関わる予算は前年度2倍の約8,300万円が計上されたが、これでは防災対策に本格的に取り組んでいるとは感じられません。たとえば、下川崎から西中学校脇を通り、牛村に抜ける大中落としの浚渫にはヘドロ処理コストまで含めて3億円近くかかるはずです。また、中5丁目付近から幸手駅に向かう中落しも夏になると人の背丈以上のヨシが生えて景観、におい、防災の面で駅近くの中心地区として恥ずかしい状況です。なぜあれだけのヨシが生えるかを考えるべきです。この二つの落しはいずれも倉松川にそそぎます。だからこそ、これらの整備が根本的に必要なのです。4千万円が8千万円になったからいいということではありません。前号でも述べた通り、優先順位に大きな考え違いがあると言えます。やはり駅舎に30億円近い予算を投じた現状がどうだったのかという疑問が残ります。駅舎としての機能は古かろうが新しかろうが変わる部分はありません。お勤めの方は朝晩数分の時間を通過するだけです。若干の便利さは感じるかもしれませんが、見た目が綺麗になったというだけで人口が増えるなどというのは妄想に近いでしょう。
 そして、これは西口区画整理にも影響が出ているのは前号の通りです。
 さらに、本下水敷設事業ですが、計画にかなりの遅れが生じているようで、耳を疑う話を耳にしました。西口区画整理に関する新築条件に浄化槽の使用が市から求められているというのです。本下水が整備されるまでの暫定措置のようですが、いったい全国各地の同事業でこのようなことがあるのだろうかと首をひねる事態です。もちろん、当事者として安易に応じられる話ではないでしょう。本下水敷設は県の主幹事業ですので最低でも事業遅延の理由を確認したうえで市は関係者に説明すべきでしょうね。幸手市と県の良好な関係が保たれているかどうかにも関わることですが、これは香日向地区の汚水処理施設にも影響があることですので心配です。

 昨日、県立高校削減の報道がありました。現在134校あるうちの1割程度が県内4地区から削減されるという内容。東部・利根地区では2~4校というのですがいささか数があいまい過ぎますね。今後は、各自治体と県会議員のせめぎ合いというか交渉作業が地元の関心事になるでしょう。23年に小生が県議になった時にはすでに幸手高校は統廃合対象になっていました。そこで、考えたことは廃校後の処理でしたが、ほとんど時を経ずして日本保健医療大学に譲渡され、いまは同大学の理学部がオープンしています。また幸手商業高校(現幸手桜)の夜間定時制が廃止となったのもこの年でした。この経緯からすると幸手でただ1校の幸手桜高校が廃校になるのは考えにくいことだと思いますが・・・。子どもは無論のこと、若者の影が少なくなるというのは地域の活性化を損ないますので存続の牙城は守りたいものです。
 
 タイトルの結論はと問われれば「悲観する必要はない」というのが現時点の評価です。ただし、それにはいくつかの要件が必要でしょう。まずは極端に減った財政調整基金については緊縮財政をしなければ本当に危険領域に入ります。この基金は年度予算の15%は最低でも留保しておきたいですね。今の市長は浪費タイプの行政運営をするタイプのようですので、市民受けはするでしょうが、これが続けばどうなるかは明解です。そのあたりは職員もしかりでしょうが市民がどう理解判断するかではないでしょうか。
 結論として、財政、人口減少、若者減少、水害対策、学力向上といった見地から、事業計画と予算執行に大いなる工夫が欠かせないという意味で、我が街は脱皮する必要があると思います。

No.2991 幸手市の未来は明るいのか

2018.05.05

アイコン

 皆さん、行楽日和に恵まれた今年のゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしょうか。行楽地ではどこも多くの人出があるようですが、昨今はあまり押し合いへし合いに耐えられない状況になっています。最も、夫婦二人ですから込み合うカレンダーを避けることが出来るということもあります。

 さて、幸手市の財政に暗雲が立ち始めているという指摘があるようです。聞けば、財政調整基金が8億円にまで低下しているという。一般的には億単位の金額を耳にすると高額のイメージがあるが、自治体財政でこの金額は財政危険地域に入っていると言える。
 平成15年・・・早いもので15年も前のことになるのだから感慨深いという表現もあてはまるが、この年は合併問題の熱が沸点に達し、市長リコールという市民運動にまで発展させた。結果、新市長として町田英夫氏が誕生した幸手市政上歴史に残る年になった。
 この町田市長誕生の折の財政調整基金は約7億円にまで落ち込んでいる状況であり、財政力指数と合わせて幸手市が埼玉県下の市として最も危険な自治体だったことを覚えておいでの市民がどれほどいることだろうか。この時、市は第二の夕張になるとまでの評価を受けていたのだ。ところが、ゴミ袋有料化に代表される受益者負担という首長としては忍びない施策を打ち出すなどして基金を約27億円、つまり20億も増やしたのが町田市政だった。この点については、町田英夫という政治家は幸手市にとって上杉鷹山や佐倉惣五郎にもたとえられる市長であったと私は確信している。
 現財政は増やした20億円を使いきったということになるわけだが、内容的には、学校関係に大きな予算が割り当てられているという感が強い。給食費しかり、エアコンしかり・・・。それも必要なことではあるが、市の現状を考慮した場合、優先順位の判断が適切だったかどうかという部分で疑問が残る。防災関係予算はさほど考慮されていない感がある。市内を走る大中河川の浚渫工事は洪水対策の基本中の基本であり、市内の河川を見ればそれがなおざりにされている状況がわかる。平成23年3月に県の認可を取得した西口区画整理事業はかなり遅延の事態にあり、駅舎ばかりが優先されている。いつでもどこでも言ってきたことだが、幸手久喜新道の拡幅工事は県が予算的事業主体で行うもので、これは区画整理が進捗することによって中5丁目側の土地買収などの交渉事業に入ることになっている。区画整理が進まないことにはこの主要道路の安全性はいつまでたっても実現しないのだ。
 このテーマについてはまた近々書くことにしたいと思います。
 さあ、GWも明日あさってのみです。えー? 明日あさっては通常の土日と変わりないですと? そういえばそうですね。しかし、こう天気が良くては家にいるのももったいないのと違いますかね。

No.2990 鬼畜と幼稚化が世を蝕む

2018.05.01

アイコン

 連休に入ったさなか、またまた心の痛む親の子殺し事件が発生した。大阪市住吉区で起こったこの殺人事件は、どうしても理解の範囲を超える親の異常心理という点で特異性を示す事件である。5階のベランダから2歳の我が子を投げ落とす行為、言い方を変えれば放り投げるという表現の方が適切かもしれぬが、私の頭はグルグル回り、気持ちが悪くなるほどの驚きで充満している。
 いったい、どういう心理になったらそんな鬼畜な行為が出来るのだろうか!
 親の心理をここまでに至らせる詳細な事情はわからないが、瞬間激情型の親が増えているのか、陰湿チクチク型なのか、いずれにしても子を持つ資格を本質的に持ち得ていない人間性だったとしか理解できないのだ。子育てノイローゼという言葉がこうした事件の際に紙面に踊ることがよくあるが、出産も子育てもそんなに簡単なことではないという自覚があってこそ人の親になることが出来ると思うのだが、出産は叶わず、日々の子育てもお任せ状態であった小生の考え方は間違っているのだろうか。
 今回の事件はヤングママでもない31歳になる人の道の分別をそれなりに会得しているはずの母親ではないか。29歳にして恵まれた宝をこれほどむごい方法で葬ることがよく出来るものだと我が心理は慟哭が止まらない。世の中総幼稚化という言葉もあるが、正にエキセントリックな感情優先の人間がいかに多くなったかを示す事件なのかもしれない。

 幼稚化というのはいわゆる自己本位という意味で小生はとらえているが、親子の関係とは異なる話として、大人の付き合いの中においても、社会的地位を得た立派な人物と思っていた方が自己主張を譲らず、我が意見が絶対だといってきかない人が時にいる。そうした人の周囲では口角泡を飛ばす論争がちょくちょく起こるが、そのうち、周囲の人たちがその馬鹿馬鹿しさに気づいて必要以上に言葉を発しなくなる。本人がそれに気が付かないとそれまで築いてきた組織的人間関係は砂上の楼閣はオーバーにしても徐々に崩れ始め、心のつながらない見せかけのものへと変質する。分別ある大人の社会でも理由はいろいろあるにせよ、過去の出来事への私怨を根に怨つ単純な感情が先立ち、個人を対象にしたネチネチした狡猾な嫌がらせが世のあちこちでけっこう起きているものと思う。
 もっと単純な話として、高齢者施設で介護士が入居者を虐待する事件が後を絶たないが、これは介護士の人間性だけが問われる問題ではなく、介護士を見下す高齢者が多いことも原因として大いにあると小生は感じている。それでなくとも介護士という仕事はストレスの溜まりやすい職業である。年上だから、お年寄りだから、弱者だからという世間一般の見方に順ずる仕事の在り方は精神的疲労感をどれほど蓄積させるだろうか。経験としてこうした施設に行くたびに介護士に言いたい放題の入居者による逆虐待の現場を見ている。好々爺という言葉があるが、可愛がられるお年寄りになるどころか、加齢に比例してますます口悪く、人に威張り散らす御仁は少なくないようだ。
 よく当ブログで書くことだが、改めて謙虚、協調、忍耐、道徳といった文言を対人間関係という観点においてじっくり噛み締めてみる必要が、今の日本の社会全体にあると感じる今日この頃である。

 

ページ移動