記事一覧

No.3019 今、行政が思考するべきは! 

2018.08.10

 昨日書いた№3018で幸手駅舎新設について30億円かけてまで優先して進める事業かどうかが疑問であることを書いた。単年度のみならず複数年度にわたって予算措置に余裕があるならまだしも幸手市は今や駅舎事業の影響から困窮財政と言ってもよい状況にある。ひと時、30億円近くまで積みあがった財政調整基金が8億円を割ったという。また、今年度の地方交付税は復興予算がらみもあって相対的に減額されることが発表されている。29年度の幸手市に対する普通交付税は22億27百万円で、30年度は20億91百万円である。自治体別に異なるものの来年度増加することは期待できない。万が一、数少ない増額自治体になったとすれば、すなわち財政窮乏の街を意味する。駅舎新設が悪いと言っているわけではない。いつまでも今の駅舎でいいわけではないが、何も今30億円かけてまで行う事業かどうかを憂慮すべきなのだ。そこで、今少し関連することを書いてみたい。

 災害復興予算の執行率が65%程度に終わっているものの、今年も関西地震、西日本豪雨災害と大災害が発生しており、更なる復興予算の上積みは待ったなしである。これも地方交付税減額の理由であろう。
 ちなみに、環境省によると西日本豪雨災害での岡山、広島、愛媛の3県で発生したゴミの推計が290万トンにもなるという。一昨年の熊本地震では303万トンだったそうで、これに匹敵する量ということになる。処理費用の概算は776億円という巨額だ。災害の種類はまったく異なるが、東日本大地震でもそうであったように、復興の手始めはゴミの処理から始まることを思えば、早期撤去を望む現地の想いは国頼みにならざるを得ない。国もこれを優先して予算配慮するべきであり、一刻の猶予も無いという状況に近い。
 ところが・・・かたや、2015年の関東・東北豪雨で鬼怒川の氾濫で茨城県常総市を中心に大きな被害が発生した。これに対して、この災害の原因は河川管理の不備だとして常総市民29名と企業1社によって損害賠償訴訟が起こされた。内容は、堤防の役割を持っていた砂丘の掘削を民間に許可したことと、堤防の地盤沈下を国が放置したというものである。地方の自治体が国に対して訴訟を起こすのはよほどの確信が無い限り難しいが、市民と企業であればそうしたことに懸念を持つことはない。賠償要求額は3億3500万円ということだが、自然災害が大元とは言え、福島のように人災的な要素を持つ部分も十分考えられるわけで、国土全体の防災対策を万全に実行するとなると途方もない時間と金がかかる。起こってみてわかる不備、欠点というものもあるだろうし、訴訟社会とはいえ、災害裁判とは厄介なことになったものだ。これも社会変化の一つと思わざるを得ないが、天候異変はもはや異変ではなく当たり前のこととなりつつある現況は、そうそう行政ものんびりしていてはいけないということだと思うのである。
 しかるに、幸手市においても駅舎などの見た目行政に大予算を振り向けるよりは、災害対策により大きな目を向けなければ、ひとたび大災害に見舞われた時、市民との訴訟問題に発展しかねない考えてほしいものだ。要するに、そうした観点から防災対策を考えるべきだと苦言を申し上げたい。駅舎が綺麗になったからといって人口が増えるなどというのは妄想だと思うのである。

No.3018 経験と記録を上回る炎熱列島

2018.08.09

アイコン

 41度超えが熊谷、名古屋、岐阜などで現実化した。40度前後の気温というだけで辟易するほどだが、もはや夢でも幻でもなく、夏の在り方は確実に変化している。
 「これは人の命にかかわる温度です。どうぞエアコンなどの利用で体調管理に心がけてください」というニュースキャスターの言葉に、欧米の実情もふまえると、日本だけでなく地球全体が未知の世界に突入したような気がしてならない。例えていうと、映画で観るゴジラ上陸に際し、地球の終わりがごとく叫んでいるアナウンサーにも似た感じではないか。しかしながら、人間は何千年、何万年をかけてこの気温変化に対抗しうる進化を遂げるのかもしれないが、今を生きる私たちにとって、いつまで続くやらの心境は至極自然のことである。
 文科省が9、10月に入っても各地の気温は平年以上の可能性があり、とくに9月はまだ予断を許さないとして、熱中症対策で学校の夏休みの延長や臨時休暇を検討するよう全国の教育委員会に通達したという。炎熱列島は長い間の学校慣習まで変えようとしている。なんともはやである。もちろん、こうした事前の対策は事が起こる前だからこそ効果も価値もあると考えれば、文科省の措置は災害予防対策として前向きなものと理解できる。
 学校教育法施行規則によると、校長は、非常時に授業を行わない臨時措置を発することが出来るそうで、文科省は熱中症を非常時と認定したということになる。100人以上もの方が亡くなられている現実は、気が重いことこの上ないが、今後の夏の過ごし方をあらゆる角度から考え直さないといけないことを示唆しているということであろう。
 台風がもたらす雨で水害が発生している地区には失礼にあたるが、連日の高温に逃げ場を求める状況の中、台風の来襲が暑さ逃れに一役かっているのは、なんとも皮肉なものだ。
 しかし、私は常に思うことがある。ここのところたびたび「幸手は災害が少なくていいわねー」といった言葉をよく耳にするが、その都度「神戸、輪島、東日本、熊本、茨城常総、大阪、西日本といった近年大災害を受けた地区でも、それがあるまでは災害の少ない地区だと住民は感じていたはず。記録的だとか経験のないといった言葉が躍るのはあくまでも想定外の災害を意味しているわけで、幸手に限らず、世界一の災害列島と言ってもおかしくない日本は、国土全体が明日は我が身と考えておくべきです」と申し上げることにしている。地区によって災害の種類が限定されることはある。埼玉県東部では土砂崩れや火山噴火の危険性はないが、地震と水害の可能性は常態的であると言っても過言ではない。ゆえに、行政が少ない予算ながら最も力を入れるべきは災害対策であると私は考えている。古くも新しくも、さして機能も便利度も変わりがない駅舎建築に30億円も投じる行政の在り方が良いかどうかは市民がしっかり考え、評価するべきである。機能も便利度も大きく変わるのは、東西自由通路の立ち上げで十分であり、西口の区画整理事業を駅舎の影響で遅らせる行政に大いなる疑問を感じている。もっとも駅舎は来年4月には竣工するらしいので、今更であるのは重々承知の上の話としてご理解ください。

No.3017 山口武平氏死すに想う

2018.08.08

 №3015で、ドンにもいろいろありを取り上げたが、そのわずか数日後に、茨城政界のドンとして長きにわたり県政のみならず国政にも大きな影響を持っていた山口武平氏が亡くなった。享年95歳。
 1955年に茨城県議に梶山静六と同期当選し、途中先代中村喜四郎の死去にともなう参議院補欠選挙に出るも、無所属出馬の中村未亡人に敗戦、以来国政へ転出することなく県議一筋55年の政治人生を送った。2010年の引退まで14期という気の遠くなるような期間を県議として務めたが、これは広島、滋賀に前例があるだけの全国3番目のことである。しかし、90を過ぎ55年もの間を政治家として活動することには良し悪しは別にしてただただ感服するしかない。埼玉県自民党にも似たような状況があって、現在10期目となる最古参議員はまごうことなきドンであることを4年を共にした小生が感じている。県職員や自民党県議はもとより国会議員までもが、このドンの顔色をうかがうという現実を目の当たりにしている。小生は経験はないが、職員や県議が震え上がるほど怒鳴られている場面を何度か見ている。今、上田県政に何かと注文をつける自民党県議団の在り方はこのドンの影響無くして考えられない。全国のほとんどの都道府県議会は自民党が過半数を占め、そこには議会の舵取り役を強烈に発揮するドンが存在するものだ。なかでも、山口氏はひと際ドンとして光り輝いた地方政治家だったのではないだろうか。
 茨城には全国で最も選挙に強いと言われる2代目中村喜四郎現衆議院議員がいる。古くは、共に猿島郡を選挙区とした二人だが、山口氏は岩井市から坂東市への地区変遷の流れを逆境とせず地盤を強固にしていった。
 猿島郡と言えば、幸手市が合併を模索した五霞町を含むが、この時の合併は互いの住民投票において賛成が多かった場合、その後は両県議会の可決を必要とする県外合併だった。結局、この合併は幸手市の事情で発展を見ず、法定協議会も途中解散となったが、はたして、茨城県議会はどういった結論をもたらしただろうか。山口氏が中村氏の地盤を削る画策を考えれば自民党県議はこぞって賛成することになり、合併は可決承認となる。しかし、いくら確執があっても茨城領が減ることに賛成することへの反発も考えられる。そうした危険を侵してまで、中村氏に対抗心を燃やすことから派生する自らへの影響を良しとする人柄ではなかったと聞き及んでいる。腹のすわった方だとの評価もあった。2人の思惑は今となってはわからないが、五霞町民の意向を優先するかどうかが本来あるべきだとは思うものの、当時の私はそれほど生易しいとは思えなかった。県外合併の前に県内合併という思いが強かったこともある。
 中村氏が有罪判決を受けた後、山口氏はますます自民党県連での権勢をふるうこととなり、中村氏の当選のたびに自民党復帰が噂されたものの山口氏の力がそれを許さない状況が続いていると言われる。政治の世界の人心とは、かくも複雑な遺恨・怨念の呪縛が作用するものだと、小生も実感として感じる部分がある。まさに好き嫌いに関わる意地が存在する世界ということであるが、自分自身、それほどの大きさではないものの着実に人心に揉まれる状況を感じつつある。世情も人情も一筋縄ではいかないということを痛感することになるのだろうか。
 とにもかくにも、半世紀にわたり大きな存在感を示した山口武平氏に敬意を表すると同時に、慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

No.3016 小悪魔来たりて笛を吹く

2018.08.05

アイコン

 明日6日我が家に激震?が走る。2人の孫がやって来るのだ。北陸新幹線の開通後2人だけで来る機会が増えた。それはそれで待ち遠しいもので家内など迎えの準備で大わらわとなる。しかし、お笑い芸人の話にもあるが、「孫と会うのはうれしいが、早く帰れと思うのも孫」・・・なかなか言い得て妙なものがある。個々には、会うたびに成長しているのだが、歳が近いこともあって事あるごとにいさかいが起こる。二人の言動の一つ一つに関心を持って見つめ、不公平感を持たれないように、依怙贔屓なく接するよう心掛けるが、本人たちはそれぞれ正当性を訴える。
 食事でも、私が「好き嫌いを無くすこと」「残さないこと」を口ずっぱく言うせいか、返事はその都度「ハイ!」なのだが実態がついてこない。馬耳東風もいいところだ。「ジジをなめるなー!」とばかりに対決ムードに血が騒ぐ。さーて、半年ぶりの二人はどう変わっているだろうか。いやいや、期待もほどほどにしておけと違う自分が笑みを浮かべながら忠告する。
 なんだかんだ言いながら、いつ来させるんだと親にせっつくジジババも勝手なものだ。その親も広島原爆の日の6日が誕生日で40歳になるという。その子どもの頃を孫に重ねて数日を共にすることにワクワクする感覚も悪くはないが、うるさいジジへの挑戦心をたぎらせて幸手に降臨する小悪魔たち。明日からの1週間、彼らがどんな笛を吹いてくれるものやら戦々恐々ながらも待ち遠しくて仕方がない。

No.3015 ドンにもいろいろあり

2018.08.02

 車内の外気温表示が40度に達した。暑さが尋常でないのは、家の中のエアコンの範囲外にあるものに触れただけでわかる。例えば階段の手摺りなど暖かくて触れた瞬間に「オットーなんだこりゃー」となる。外で直射日光にさらされている金属類では火傷しかねない。車のボンネットで目玉焼きが出来る話があるが、今ならステーキでも焼けそうである。この長期化する気象災害の影響で西日本被災地の現地情報を伝える時間が激減しているように感じる。
 そんな中、世間では一つ静まればまた一つ、二つと想定もしない出来事が発生する。世の中とはそんなものだとついつい決めつけてしまうが、今回はボクシングの話題が世間を驚かせている。ここで思うのは、最近アマチュアスポーツにおける不祥事が、いわゆる「ドン」と称される人物によって表面化しているということである。それによって、補助金の不正使用も問題ではあるが、純粋に当該スポーツに取り組む学生が大きな精神的ストレスを受けていることを重く感じるべきであろう。アマチュアの定義は以前とは様変わりしているが、その根本は変わってはいないはずである。
 良く言う言葉に「これは氷山の一角だ」と言うのがあるが、女子レスリング、日大アメフト、女子水球、ボクシング連盟と続くと、どのスポーツでも問題の種類はちがうかもしれぬが似たような状況があるのではないかと思えてならない。そもそも、アマチュアの世界では主導権争いでのトップの肩書きへの欲望戦がひっきりなしに話題になる。この点、プロとは比較にならない。これは一つのスポーツには市町村レベルで支部が形成され、更に市町村支部を傘下に置く形で都道府県連盟が支部組織として構成される。そして会長は47人の都道府県会長から互選で選ばれるというのが一般的である。ただ、それらが持つ規約には任期が明記されているはずだが、カリスマ性のトップには規約もないがしろにされる状況が生まれる。人間とはこれほどまでに肩書に固執する生き物なんだということである。こうしたことの原点に「カネ」があるのも事実であろう。
 それにしても、ネットに出ている山根会長の全面対決発言を見て、この人いる世界が違うんじゃないかと感じた次第。333名の告発状の内容はすべてウソだと彼は言う。言葉遣いも普通ではない。ひょっとするとパンチドランカーというかボクシングの後遺症があるようにも感じるが、いやいやこれは人柄を物語る物言いに違いない。テレビが映す関係映像のすべてからは、この会長に関する異常性しか見て取れない。333名もの大量連名告発は言ってみれば連判状のようなもので、会長を納得させるか、もしくは社会が裁いてくれることへの期待をこめているように感じる。これだけの人数が同じ見解を示すに至ったのは、一人や二人ではとても戦えないほど山根ドンぶりの凄まじさが超特盛りであることをうかがわせる。
 世間全般に言えることは、怒る、怒鳴る、恫喝するといった感情爆発湯沸かし型人間のワンマンタイプは、周囲が気遣ううちに高い地位を得て、それが長期化することが現実に多くあるように思う。もちろん、高潔な人柄で周囲の合意、納得性を高める「静かなるドン」も実際におられるだろうし、ドンのイメージは100%悪いというものではない。しかし、一般的には謙虚で協調性があり、問題を感じても言葉を控える我慢強いタイプは、周囲も人柄の温厚性に安心するせいか存在として目立たない場合が多いように思う。よってこのタイプにはほとんどご機嫌伺いはない。ご機嫌伺いは多ければ多いほどその人物のカリスマ性を高めることになる。そのカリスマ性が世のため人のためにどう使われるかが問題なのだ。山根会長を会長にした組織自体が正常ではないとすれば、会長辞任だけで問題が解決するとは思えないがはたしてどうなるものやら。


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

No.3014 院外長老の毒素

2018.07.28

 大水害のあとの大型変則台風。普通の感覚でも恐怖感を持つものだが、先の西日本災害地の方々には更なるストレスをもたらしていることでしょう。2次被害に至らないことを願うばかりです。 
 さて、久しぶりに政治の話を。
 参議院竹下派は自民党総裁選で石破氏を支援することを決定した。この突然の決定は、岸田氏の不出馬及び安倍3選支持の会見からわずか2日後のことである。この動きの裏にはやはりブラックフィクサーがいた。青木幹雄氏だ。
 自民党で総理経験者や派閥の領袖だった長老の多くが、党の、と言うことは国の方向性に関わる大事について口を挟む状況が蔓延している。今でいえば、憲法改正と原発ゼロに絡めて安倍3選を良しとしない元議員たちが、影どころか平然と表に出て現役議員に対して指示命令をする。体よく言えば派閥の院政とも言えるものだが、小泉、古賀、山崎、青木等々といった面々はいったいどれほどの権限を有しているというのだろうか。ましてや、何も二次災害におののく国民が自分の地元に隣接する地区に多くいる状況で発言する必要があるとは思えない。
 今回の場合、青木氏の理由は姑息なものだ。息子の参議院議員は島根鳥取の合区が選挙区ということで、石破氏の支援を取り付けたいという思惑らしい。石破氏が自民党を飛び出し新進党入りをした時は憤怒の鬼と化したはずが、子を想う親心を、引退の身で、しかも国の舵取りに関わる場面で発揮した。一人当たり億単位の歳費がかかる国会議員の票を頭ごなしに指示する行為は、犯罪ではないにせよ、子の裏入学のために税金を補助金として私用した官僚と変わりがない。
 石破氏も岸田氏の会見を受けて、待遇うんぬんにかけて巧妙な党および安倍批判をする。いつものことだが、質の悪いのは安倍嫌いメディアが石破氏を持ち上げることにある。記事に限らず、ゲスト出演なども特定メディアが盛んに仕掛ける。しかし、本質的に石破氏にはここという場面での裏切りの過去があることに加え、ここ数年、安倍政権に後ろから矢を射る発言が常態化している事実を見逃してはいない。
 裏切りと言う行為は、知性、理性、感性、そして倫理観、道徳観といった人間の本質に関わるものであり、再発の可能性を常に秘めていると考えるべきだろう。加えて、基本的に石破氏は自己実現ありきの日和見主義で、和の精神を持たない政治家という評価がせいぜいである。これに比して、一時政権下野後の安倍晋三という政治家が憲法改正をしっかり唱えながら地方行脚をこなしていたことを知る人は少ない。個々の名を出す際は基本的に同士として褒める場合であって、批判の対象はもっぱら野党に対することが多かったことを小生の経験として記憶している。世界の評価もかなり前から高い。今回、あまり報道されていないが、身勝手トランプとの会談前に訪日したEUの首相と委員長の行動がそれを示している。首相の考えやトランプの実態を安倍首相から事前確認しておきたかったことは間違いない。先のカナダサミットでもトランプの意向に右往左往する各国トップの中で安倍首相の存在感はかなり光っていた。
 拉致被害者救出や核放棄に対する北朝鮮外交を弱腰と揶揄する人がいるが、今までのことを考えれば、そんな短絡的に解決の道があるはずもなく、外交全般で首相以上に期待できる人はいないと確信している。対案無くして安倍批判をする人がいるが、感覚的に嫌いと言うのでは国政に向けた意見にも理屈にもならない。
 論客青山繁晴氏は安倍支持を宣言しこう言う。安倍さんしか考えられない。余人をもって代え難しということである。
 長老たちに申し上げたい。あなた方の現状思考は国をふらふらと彷徨わせる毒素でしかない。野党がカントリーリーダーの体を為していないことから、自民党天下の言いたい放題状態との認識は安倍政権の足を引っ張るだけですぞ。左派メディアが喜ぶような話題つくりは慎んでいただきたい。


http://www.d-japan.jp/news.html

http://www.hokkaren.com/news.html

http://www.k-otoe.com/new.html

http://www.pcnet-sapporo.com/dokei.html

http://blog.pcnet-sapporo.com/

http://www.sphcsc.com/tokei.html

http://www.tomuproject.jp/

http://www.umino-kai.net/tokei.html

https://www.tosakuruma.com/images/

http://www.tenkuan.com/update/data/news.html

http://www.kisyoukai.net/diarypro/data/news/

http://www.zako-akashi.com/w3a/logs/

http://www.hitomarusan-gesshoji.jp/w3a/logs/

http://www.hasshin-akashi.com/w3a/logs/

http://www.uonotana.or.jp/w3a/logs/

http://www.kodama-shokai.co.jp/data/index.html

http://www.akashi-shakyo.jp/w3a/logs/

http://www.akashiyaki.ne.jp/w3a/logs/

http://www.akashi-tokikando.com/lock/

http://www.ngw.co.jp/houseki/

http://www.tsukahara-taisou.com/yotei/

http://www.jazzysport.com/images/

http://www.sunhouse.in/ticket/

http://www.town.komono.mie.jp/happu-j/

http://www.eda-family.net/img/

http://www.manbou-net.com/info/cats/news.shtml

http://sans-estate.co.jp/hosoku/

http://www.sapporo-kosodate.net/cgi/

http://imamiya.sakura.ne.jp/

http://www.kobeya-sp.co.jp/cgi-bin/diarypro-kakogawa/data/upfile/index.html

http://babylon.bex.jp/

http://www.ernesto-law.com/cgi-bin/index.html

http://www.beflat.co.jp/cgi-bin/index.html

http://www.happy-skiing.com/cgis/index.html

http://www.femmarketinghouse.jp/fnet/index.htm

http://weed-inc.com/img/

http://kita104.sakura.ne.jp/diary_pro/analyze/

http://aiacademy.com/ar/

http://www.kambara-shoji.co.jp/commons/

http://www.sunamajiri.com/2019.html

http://cn-nakao.e-ysd.net/

http://dosokai.e-ysd.net/

http://emi.e-ysd.net/

http://tokainosan.com/

http://wadagumi.nagoya/

http://www.srfactorys.com/

http://ksu99.sakura.ne.jp/

http://www.paraiso-net.jp/cgi-bin/

http://www.okoppe.com/

http://scout-kyoto-7.eco.to/index.htm

http://www.soundcrew.co.jp/image/

http://circle.blackbox.ne.jp/img/

http://khr.if.tv/04sizuku/01cgi/04blog/skin/

http://khr.if.tv/04sizuku/06blog/

http://irisamiho.com/links/

http://shirabekoubou.com/saga/

http://three-best.sakura.ne.jp/

http://freedom-tennis.pupu.jp/index.html

http://abc-club.biz/acmailer/i/

http://www.bungaku.net/

http://www.masudaya.jp/dokei.html


 

ページ移動