記事一覧

No.3084 いじめは社会に広く根付く

2019.01.28

 昨27日、読売新聞では1,3面にわたって「いじめ問題」を取り上げていました。これは公立小中学校において重大いじめ事件が発生した自治体で、その公表をした実態が3割でしかなかったことから、自治体別に意識の差異があることを指摘したものです。
 調査の対象となった105自治体のうち、47自治体で重大事案とするべき143件ものいじめが発生しており、45自治体ではゼロ報告、13自治体は無回答という結果になっています。この47自治体のうち、事態を非公表とした街が26自治体に及んでおり、学校側のいじめに対する思考の原点がわかります。しかも、この調査に無回答とした自治体が13もあったというのも、この問題がなかなか表面化しない現状を示しています。ゼロ報告をした自治体にあっても必ずしも真実を回答しているかどうかは疑わしいと言えます。平成13年に施行された「いじめ防止対策推進法」が本当の防止につながっていないことを物語るこうした現実は、やはり個人情報や対象の生徒の将来などを理由にした学校側の隠蔽思考に歯止めをかけるところまで規定しないと形式的な法律でしかないということです。なんといっても、いじめを受ける子どもの自殺が多発しているところに、この問題の焦点を集約すべきではないでしょうか。

 ここまでは学校を舞台とするいじめですが、学校ではなくとも各種ハラスメントが社会に横行している現実にも目を向けなければいけません。
 ちょっとその前に、同じ学校を舞台として発生した事案にふれたいと思います。先日、東京町田市の公立高校で起きた教師による暴行事件です。生活指導も担当していたこの教師が、注意に耳を貸さず、逆に食ってかかり挑発する生徒にやむなく手を出すに至った経緯は物議を生むことになりました。教師が生徒に暴行すれば、それ自体で教師の人生にもかかわる事案になります。
最初からスマホでの撮影を計画し、その動画のネット拡散を友人と画策した悪意は、堪忍袋の緒を切って計画的挑発に乗ってしまったこの50歳の教師の人生にかかわるかもしれないのです。たとえて言えば、刃傷松の廊下の浅野内匠頭のようではありませんか。
 生活指導の先生は生徒から最も敬遠される立場です。50年以上前の体験を思い出してみても登校時に正門をくぐる際、ピリピリしたものです。けっして好感の持てる教師イメージでは無かったことは確かですが、さりとて悪意を持ってこの教師を評価することはありませんでした。
 散々、注意される状況にあって、いわゆる「うざく」なって計画した今回の生徒の行為は、生徒としての自覚も資格もありません。高校生と言えば、年齢によっては選挙参加の資格が与えられています。社会から大人の資格を与えられても、内面的な精神構造が年齢にも満たない状況は生徒にあらず悪ガキとしか言いようがありません。この悪ガキを仕事の相手とする教師の立場を理解する世の中にならないと、益々ガキはのさばることになります。悪ガキに教師が人生を台無しにされるなどあってはなりません。とは言え、未来のある若者にも人間として変化成長をする機会がもたらされる社会であってほしいと思います。なにより育つ過程で心のバランスが悪くなった原因を家庭に求めることが先決かもしれません。思い出すのは「積み木くずし」です。類は類を呼ぶとか悪貨は良貨を駆逐するといった格言も一考です。
 何らかの処罰を受けるであろうこの教師こそ「いじめ」を受けた被害者だと感じますが、生徒をかばう論理を優先するコメンテーターには違和感が残ります。そうした優しさは綺麗事でしかありませんし、何も解決しないということを認識すべきです。この事件の「悪ガキ」がそのまま歳を重ねれば、例えばあおり運転で殺人をするようなヤカラになるやもしれないのです。
 ともかく、今回の事件は生徒に向き合う教師の姿勢を一層委縮させる可能性があります。それは教師の立場を弱めるだけでなく学校崩壊にもつながりかねないのです。オーバーな話だとは思えません。

 学校以外にも、各種ハラスメントがあらゆる組織内に存在しています。その形式はいろいろで、する側、される側ともに男女かかわりなくいるようです。行政でもつい最近、嵐山町で課長職によるパワハラで3人の部下が3カ月の自宅療養を要すると診断され、この課長は停職3カ月の懲戒処分を受けたのです。暴言を吐き、にらみつけ、挙句は無視をする。もっと悲しいことに、この部署はこの課長一人になったそうですが、それが停職となっては市民サービスにまともに影響が出ることでしょう。
 実際、こうした例は氷山の一角ではないかと思います。幸手市にもあるようですし、埼玉県庁にあっても職員間の「いじめ」の例は少なくありません。優しさや思いやりは持って生まれた資質かもしれませんが、人の心に起因するいじめを社会から抹殺することは不可能なのかもしれません。ならば、陰湿かつ計画的ないじめを許さない厳しさを法制化できないものかとこうした事件が発生するたびに感じます。法律でも条令でも作っただけの満足感で終わり過ぎてはいないかと。いずれにしても生易しい問題ではないことは確かですね。

No.3083 埼玉県立近代美術館

2019.01.26

アイコン

 雨が降らない。ないどころか雲さえ無い快晴の日が多いですね。庭木が心配ですが水やりの時間を間違えるとかえって良くないといいます。いろいろな意味で、この時期、太平洋側と日本海側の違いをとくに感じます。政治外交的にも日本海側は目が離せない状況ですしね。
ファイル 992-1.jpgファイル 992-2.jpg さて、昨日、所用でさいたま市に出かけた折、北浦和駅東口からほど近い北浦和公園内にある埼玉県立近代美術館を訪れました。公園ではちょうど近くの保育園児たちが追いかけっこに興じているところでした。そんな楽しそうな遊びの場に微笑みながら、噴水公園の脇を進むと、緑豊かな閑静な環境の中に落ち着いたデザインの佇まいが見えてきます。とても駅近とは思えない雰囲気なので、注意して見ないと外からは目に入らない感じです。
ファイル 992-3.jpgファイル 992-4.jpg 展示は地下の一般展示室、1階常設展示室、そして2階の企画展示室に分かれています。入館無料ですが常設展は200円となっています。地下には写真のような海外から取り寄せた大型彫刻が見学できます。なかでも、ハワイでハンセン病患者のケアに努め、自らハンセン病で亡くなったベルギー出身のダミアン神父像は目を引きます。顔や手が同病の特徴的な症状を示す像は、不治の伝染病とされたハンセン病の凄惨さを理解させます。どれも2メートル近いもので傍で見ると圧倒的な迫力があります。
ファイル 992-5.jpg また、1階フロアではアイデアチェアが廊下を飾るように配置されていましたが、靴音が響くほどの館内の静かさに身が引き締まるほどで、こうした体験は年に何回かありますが、どちらかというと動的な小生にとっては貴重な時間と言えるものになっています。
 北浦和駅から徒歩5分、お勧めの見学施設です。

No.3082 韓国との友好継続の難しさ

2019.01.24

 韓国による対日戦略が中国化している。日本海や東シナ海でのこうした国が日本に仕掛ける内容は、国際的に日本を貶める目的だと断定してかからなければならない状況に来ている。海外諸国における在外中国人、韓国人によるロビー活動も一向に止む気配がない。
 防衛相が韓国の知性、理性、倫理に欠けた嘘出鱈目に業を煮やし「客観的中立的に協議することが不可能」との判断で昨年12月20日に発生した能登沖問題の終結宣言を発表した・・・その途端、つぎのような対応を韓国は示している。異常な国家性を感じざるを得ない。
1.日中韓の防空識別圏が重なる地点で、日本のP3C哨戒機が低空飛行で韓国船を威嚇したことは、明白な挑発行為だと非難した。その高さは50~60mと強調していることに対し、日本の見解はあり得ないことだとしている。そして、能登沖事件では韓国国防相側の人間が登場することなく、あの眼鏡をかけた報道官が常に事実を隔離した言いがかり的発言をしていたが、今回はいきなり国防省の人物が制服を着たまま登場してきたのはどうしてだろうか。
2.12月20日の問題発生後に、韓国は徴用工問題で2度目の賠償判決を下し、今回の発表直後に、なんと3度目となる賠償を日本企業に求める判決を下した。なりふりかまわない対日抗争を展開しているのだ。
3.そして今日のこととして、徴用工訴訟の判決を不当に遅らせたとして、韓国検察は最高裁前長官を逮捕したという。最高裁長官の逮捕は初めてのことだという。もとより烈情国家と感じてはいたのですが・・・

 矢継ぎ早のこうした韓国の対応は、日本側が能登沖問題でしらを切る、嘘を並べる韓国にしびれを切らして打ち切り宣言を発表した直後から、逆に韓国は攻勢に出て来ていると判断できる。やはり、自民党議員の多くから、徹底して能登沖事件を追及するべきだとの意見が出されていたにもかかわらず、防衛相の下した判断が更なる韓国側の国際世論に訴える戦略をもたらしたものと考えるべきである。ほくそ笑んでいるのは習近平であり、金正恩であることは間違いない。
 今回の低空飛行による威嚇行為だとの言い分に対して、一部メディアなどでは「そうした行為があったとしたら問題である」と報道する新聞もある。どうして日本のメディアは相手国の指摘もさもありなん的報道をするのだろうか。これではますます相手を図に乗せるだけのことである。有名人の中にも自国を戒めるかのような言葉を発する人がいる。こうした思考は少数であり、どこまで知っての発言かと思うこともしばしばなのだが著名なだけに影響も少なくないようだ。
 かつてない最高裁長官の逮捕まで実行する韓国との対応は、もはや紳士的、親和的な対応だけでは日本が国際的な評価を下げるだけではないかと思うがいかがなものだろうか。
 最近、日本人が嫌いな国はどこかという調査結果があるが、北朝鮮、中国、韓国の順となっている。大方の推測とさして変わりはないと思うが、北朝鮮と中国は全体主義国家であって指導者に多くの問題があるわけだが、本来この2国とは政治経済等々根本的に異なる国情を有する韓国の現実は、友好関係を継続することの難しさを示唆していると思われる。政府はこの点を重く考慮すべき状況にあると言える。小生の友人には素晴らしい韓国の方がいらっしゃることも考えると、もとより、これは人の問題ではなく国家体質の違いと考えるべきなのでしょう。

No.3081 尊徳考(文芸幸手第20号より)

2019.01.21

ファイル 990-1.jpg 昨年12月17日のブログ№3067で、文芸幸手第20終刊号に寄稿した「友ありて」をご紹介しましたところ、読ませてもらったという声を多数いただきました。あらためてお読みいただきましたことに御礼申し上げたいと思います。
ファイル 990-2.jpg ファイル 990-3.jpgそして、小生の寄稿は第15号から始まったこともお伝えしましたが、それらがすでに絶版状態で手に入らないというメールがありました。もとより、それらは随時何回かにわけてご紹介したいと考えておりましたので、今号で第18号に掲載されたものを掲載することとしました。タイトルは掲題の通りです。
ファイル 990-4.jpg ファイル 990-5.jpg今では貴重な尊徳像ですが、二宮金次郎尊徳さんは学童教材としては時代にそぐわない過去の人物なのでしょうか。私はそうは思わないのですが・・・。

No.3080 悲しい社会への八つ当たり

2019.01.18

 昨夕、幸手市内各地の歩行者用信号の押し釦に不具合が生じているとのニュースがテレビで報じられた。たしかに、香日向の歩行者信号に情報提供と注意喚起の看板が立てられている。原因は何者かによるいたずらということだが、道具を使って破壊行為をするというレベルはいたずらどころの話ではない。なんでも、夜が深まった時刻にバールのような物で暴力的破壊行為に及んでいるらしい。蛮行そのものである。
 こうした社会に八つ当たりするかのような犯罪行為が地域を限定して集中的にみられる場合が少なくない。昨年には春日部市でタイヤをパンクさせる行為が連続して発生した。まだ、犯人が捕まったという話は聞かない。単独犯か組織ぐるみかもわからない。
 こういった行為に走る人物に共通点はあるのだろうか。こんな非常識なことをいったい何のためにと思うと、恐ろしさより悲しさの方が勝る。何にしてもバールのような道具は武器にも変容することから人への危害に至らぬことを案じる。

No.3079 メイ首相ならぬ迷首相

2019.01.16

 ここ数年、離脱というワードがニュースになることが多い。トランプ大統領などは就任後、パリ協定、TPP、NATOといった重要な国際協調路線からの離脱を決定もしくは表明している。また、最近では日本の国際捕鯨委員会(IWC)離脱もあった。
 しかし、イギリスの場合は同じ離脱でも意味も重みも異なる。そうならないと信じて国民投票を実施したキャメロン前首相だったが、逆にEU離脱を選択した結果は、それ自体、UKプライドがもたらした結論として考える向きも少なくなかった。英独仏の欧州リーダー国家の中でもイギリスが特異な存在であるのは誰もが理解するところだと思う。ところが、そのイギリスのEUにおける存在感が薄れつつあることに国民のいらだちは高まっていた結果が、国民投票の結果だったという考え方である。

 昨日の議会は協定合意内容に基づく離脱に反対するというもので、3年前に離脱の強硬派だった保守系議員にも多くの反対者が出た。202対432という票決は、自らの同士も反対に加わったという点でメイ首相にとってかなり重いものとなった。3月29日の離脱日までに真に離脱が出来るか混沌とした状況である。北アイルランドは連邦内では異端国家であり、過去には多くの死者を生む紛争にも発展したことがある。しかし、今のイギリスの本質は、国民投票の結果に心変わりをする国民が増えつつあり、それは議員にも顕著になっている。その意味で、アイルランドの国境問題は隠れ蓑化しているのではないかと。

 昔、とは言っても40年ほど前のことだが「不確実性の時代」という本がベストセラーになった。ガルブレイスというアメリカの経済学者によるものだったが、難しい経済理論というよりは、多くの社会を取り巻く事象において、意思決定を求められる場面で、その意思決定者が思考する方向に結論が導かれるとは限らないし、またそうなったからといって、その意思決定が社会に受け入れられるとは限らないといった理論に当時焦点があてられた本だったと記憶している。いや、この私の記憶こそが不確実性が髙いかもしれないのだが・・・。
 今のイギリスを思うと、この理論がそっくりあてはまる状況ではないかと思えてならない。議員も国民も離脱への準備期間を経る中で、離脱に疑問をもつこととなり、サッチャー首相に匹敵する可能性を持ったメイ首相の能力も及ばない混乱状態と化している。意思決定者であるメイ首相が国民投票の結果に真摯に対応しているのだが、空気は逆流している。メイ首相ならぬ迷首相というべき現状に若干の同情を禁じ得ない。小生は個人的には離脱はしない方が良いと思っているが、ここまでこじれた状況でのメイ首相の戦略ははたしてあるのだろうか。
 

 ところで、イギリス議会の姿にはいつも魅せられる。国内の県や市町の議会を随分視察したが、ほとんどどこでも議員をもてなす施設・設備はかなりハイレベルである。ゆったりしたテーブル配置、ソファー椅子、氏名板、マイク等々、そもそも議場空間が立派だ。これは皮肉混じりとご理解いただきたい。ただ、幸手市議会は昭和40年代建設ゆえの老朽化が目立ち、議員控室も他と比べようもない。呉越同舟の部屋が一つあるだけだ。
 しかし、イギリスの議場はどうかと言えば、ベンチ椅子で隣席との仕切りはない。身体が接触しているのは画面の通り。肘があたったとか蹴飛ばされたということもあるだろうに。名前もわからない。見ると立っている議員もいる。議員が議場で活動する時間は年間何時間あるだろうかと考えると、日本の議場は議員を先生と言うだけのことはある。すべてのコストが税金だと思うところに政治家と議会議場の本質があり、それをイギリスの議場に感じるのである。もっとも、もう少しゆったり感を持たせても良いのではないかとは思うのだが、この独特の議会風景を見るたびに感嘆させられる。

ページ移動